五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

五井野正博士から学んだ浮世絵の不思議世界                       昔の日本には、流浪する女性のジプシーが存在していた。

TWhh2Go2agGMjYN1420629378_1420629396.jpg
Yz2w7OrbXdfBZZS1420629309_1420629324.jpg

( 上記は、西行法師と江口の君の浮世絵であるが、江口の君とは、現在の大阪・淀川付近の江口・神埼地域にいた遊女で、遊廓ができる以前の古い日本の世界では、遊女・クグツと呼ばれる流浪するジプシーのような女性の芸能の民の流れが存在していた。

そしてこのような人々が日本の芸能の世界を作り上げていたが、学校教育の世界からは、その存在は消されてしまっている。また浮世絵の中で、江口の君が象の上に乗って、経典を読んでいるが、古来より江口の君=普賢菩薩の伝承が残されており、この浮世絵の構図は、その伝承を顕したものである。)

 
◆ 私は、浮世絵について始めて見たとき、その時は浮世絵そのものの世界が、まったく感覚に入らない、現代の日本の生活習慣とは、別の世界で、その一枚の絵の世界をどのように扱ってよいのか、まったくわからなかったのです。この浮世絵の世界と自分の関わりが何であるのか、自分の感覚の外にあるようなものでした。

◆ ところが、ある時一枚の浮世絵の中に書かれている文字の意味を調べて開いた処、浮世絵の世界には、まったく別の世界、学校の教科書教育の中ではけして教えられない、本当の日本の歴史の姿が隠されていることに気付いたのです。

◆ もちろん、どのような形で浮世絵の世界を開いて学んでゆくのかということは、人それぞれの浮世絵との出会いや縁起によって、入る方法が異なることでしょうが、私の場合には、『江口の君』と言う浮世絵を手にしたことから、その『江口の君』とは、どのような人物であるのか、ということを調べ始めた時に、始めて学校の教科書とは違う世界に気付くことになったのです。

◆ 江口の君とは、現在の大阪の淀川河口地域に昔いた遊女の名前なのです。そして奈良・平安時代には、遊女とは廓の中にいる存在ではなく、遊行していたのです。そして単なる売春婦ではなく、歌や芸能や占いなとの特殊能力を持つ女性でした。別の言葉で言い換えれば、流浪するジプシーのような芸能の民が、この日本の中には、存在していたのです。

◆ そしてそのようなジプシーのような芸能の民のような遊女のような流れの人々の歴史は、現在の日本の学校の教科書の世界には、書かれていない、ある意味では日本の裏側の歴史に繋がるような歴史であったのです。私は、江口の君のことを調べ始めた時に、そのような芸能やジプシーの流れが日本人の奥深い処で流れていると思いました。そしてその流れが、江戸時代の浮世絵の世界に残されていることに気付いたのです。

◆ 特に私は、自分の仕事をしていた地域が台東区浅草であったので、浅草には吉原遊郭があり、猿若町には歌舞伎座があり、浅草そのものの地域が、芸能と遊郭の町であり、その世界を時間を遡ってゆくと、西国の江口・神崎の世界、或いは歌舞伎の創始者とされる出雲の阿国の世界に繋がってゆくのです。

◆ それは自分にとっては、このような芸能や遊女の歴史の流れの大きな発見でした。浮世絵の世界の中に隠されている別の世界、それは日本人が学校教育によって記憶の彼方に忘れてしまっている本来の日本人の魂の世界が、その一枚の浮世絵の世界に凝縮されて残されていたのです。でもだれも開かないから、その世界に気付かないのだと思ったのです。

◆ このような経過があったてから、浮世絵の世界が、はじめは違和感があったものが、すんなりと感覚に入るようになってきました。人によって、浮世絵を開く縁起は異なっていますから、その意味で言えば、浮世絵の世界とは、本当に縁によって覚る世界、縁覚の世界を顕しているのです。このようなことをかっこよく表現するのであれば、浮世絵と言う美術品を縁に過去の世界に入る。或いは過去の記憶の世界に触れるということになると思います。それ故に、浮世絵は不思議世界なのです。

◆ そして縁はみんなそれぞれ違うから、入り方や感じ方は異なっていますが、いずれにしてもそれぞれの縁によって入るそれぞれの世界が浮世絵の世界であったのです。ですから、このような浮世絵とのシンクロ感覚が生まれてこないと、どうして『七次元よりの使者』の宇宙的世界なのに、江戸時代の浮世絵となるのか、ということになってしまうのです。七次元よりの使者と浮世絵が繋がらなくなってしまうのです。

◆ でもよくよく考えてみれば、このようなことは、浮世絵を通してアイヌの世界に触れるということを意味しています。ですから七次元よりの使者と浮世絵は繋がりがあるのです。そしてそれは龍宮の世界と深く繋がっている。私はある占いをしている南朝の流れを汲む女性に、この浮世絵を見せたら浮世絵は海人族の文化であると述べていました。

◆ そのようなことで、浮世絵の世界を理解するために、いろいろと学者の先生が書かれている浮世絵の見方を勉強してから、浮世絵の世界を見ても実はおもしろくないのです。確かに考証的に浮世絵を判断してゆくことは正しく造られた時代や社会的背景を理解する上では必要なことですが、そのような見方のみに固執してしまうと世間的な鑑賞の仕方となって、シンクロ現象もなければ、何もない味気ない世界となってしまうのです。

◆ 大切なことは、自分の眼で見て、何かいいなーこの絵はとか。なんでこんな種類の絵ばっかり来るんだろーとか何か自分で感覚的に感じる絵があったのなら、その浮世絵の世界とその人は深層心理の奥深いところで繋がっているのです。昔風の言葉で言えば、その浮世絵と因縁があるということです。

◆ それではその因縁とは何かということがその浮世絵をその人が開いてゆくことを通して、感覚的にシンクロ現象が起き始めて、その人の浮世絵の世界に入ってゆくのです。そんな感覚となってゆくのです。そしてそのようなことで不思議世界なのです。


WHWFic6XH20h1sq1406338650_1406338762.jpg

(上記は、歌川芳虎画の花魁の美人画、着物には普賢菩薩の化身を顕わす白象の姿が描かれている。昔から伝えられている遊女=普賢伝承を顕す浮世絵。)

よかったら押してね!
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

哲学・思想 ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR