五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

信州の自然世界 59 四月の栂池高原③

LOOIB2wv5ruc2Kk1525514240_1525514298.jpg

R6dOF69ca8ptKn51525513730_1525513769.jpg
JnBZ5HJlCLZeVZm1525513904_1525513955.jpg
m_IQNekuZVQbmnv1525513995_1525514061_20180505190548967.jpg
vm9ddtjuNKnU_AV1525513578_1525513623.jpg
m_IQNekuZVQbmnv1525513995_1525514061.jpg
auR9MWU7hqkmkh41525513803_1525513864.jpg
m_IQNekuZVQbmnv1525513995_1525514061.jpg

◆ 上記も前回からの追加の画像です。遠方に雪山があります。以前一度取り上げたことがあったもしれませんが、雪山と言うと【雪山童子】の話がありました。過去の世の時に、地軸の傾斜のようなことが起こり、ヒマラヤの雪山に巨大津波から逃れてきて、そこで生きていた最後の一人が、【雪山童子】の具体的な姿であるような話でした。

◆ 栂池に初めて訪れた時は、そんな【雪山童子】の話が浮かびましたが、昔、小学生の時に雪山童子の話は聞いていましたが、また再び地軸の傾斜との関係で聞く機会があるとは思いませんでした。この物語の背景には、実は地球の自然変動の問題があったのです。このようなことがどうして普通の人に解けると言えるのでしょうか。 

◆ 諸行無常  是生滅法  生滅滅已  寂滅為楽


irnQrMg6gB3jXQ31525527306_1525527350.jpg
iORAjC6L_yO42cF1525527084_1525527121.jpg
gmSwcyJUSskOZPP1525527155_1525527186.jpg
_F9vaWq1m4A7SZl1525527214_1525527260.jpg
qu63dGIueskis3F1525527403_1525527456.jpg
DGjnZXSc72EOH7j1525527499_1525527592.jpg

◆ 上記はスキー場の建物。何ゆえかスキーのゴンドラ・リフトの名称が【イブ】なのです。栂池って、もしかしたら栂の木は、善悪を知る木なのでしょうか・・・ゴンドラ・リフト・イブに乗って白樺駅に行き、そこからロープウェーで栂池の国立自然公園に入ります。下記は以前訪れた時のものですが、ロープウェーから降りて湿地帯の公園の中を歩いてゆくと栂の木が群生している中を、まじかに積雪が残る雪山の風景が眼前に迫って見えてきます。

xPdqXP2CQ7nFyhX1384506220_1384506279_20180505225733218.jpg
E_mFSBLSh2Td_kB1384506694_1384506779_201805052256327f7.jpg
OnMzYH2MjN9jQqI1384506831_1384506865_20180505225712fcb.jpg

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR