五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

信州の自然世界 58 四月の栂池高原②

JUJaojMO1m348qT1525244871_1525244915.jpg
HN2E2Uq90p4kGCJ1525245049_1525245106.jpg
FQyv2RqNW_JwSt11525245295_1525245405.jpg

DNdVboT0HVpX8u01525228665_1525228710.jpg
or7UhmJcJf6HCi41525228876_1525228938_20180502114758567.jpg
or7UhmJcJf6HCi41525228876_1525228938.jpg
O7fQ9X020Lz2oIr1525228760_1525228805.jpg

◆ 四月の栂池高原は、まだ山々に積雪があり、栂池高原は、樹木の深緑色と白銀の雪山の美しい自然の風景となります。この道はいつも通る道路ですが、自然の風景はいつ微妙に変化して感覚に入ってゆきます。

0XOeyDEpUqo8ROQ1525237582_1525237617.jpg
SoUgk6dKfW9FycT1525237838_1525237880.jpg
gDi_QfOu0QhqCCE1525237762_1525237802.jpg
48RX8wsKrZ9lFwi1525237675_1525237729.jpg
aN9zzQMcEqg28XN1525244953_1525245001.jpg
6sYJzHKtDnqh2SD1525245484_1525245582.jpg
bRWJSO_hrl42KuN1525245160_1525245226.jpg

◆ 遠方に見える白銀の雪山と手前に見える深緑の樹木群はとても対象的です。自然界は四季の成住壊空の中に【美】の世界を顕してゆくということが、この私たちの住む銀河系の自然界の姿であると言う・・・・木火土金水の五行循環によって【美・イデア】を顕現する、この自然界。色彩の五行循環の世界としての印象派の世界。


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR