FC2ブログ

五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

オリンピックの聖火・二つの火の巡り巡る因縁                                               聖火の起源とギリシャ神話・プロメテウスの火

CPz9CMYIZWwoUeL1502792058_1502792073_20180211085928549.jpg

ifqrZ1D8omDWDtc1518268753_1518268766.jpg


mFGgjJjp6Z4iAV01518258013_1518258024.jpg

vpaPlkh1GyT00n11518268629_1518268641.jpg

KF2hKGVsx3hfrH71518257958_1518257968.jpg

( 動画の聖火の儀式は、今回のピョンチャン・オリンピックの時に行われた映像記録ではなく、以前のオリンピックの時に行われた映像記録です。動画中の巫女は、女神ヘスティアーを祀る11人の(女優が演じる)巫女です。 )

◆ つい最近になって、現在のこのような危機感のある朝鮮半島情勢の中で、どうしてオリンピックが開催されるのか、ずっと疑問を感じて、不可解なこの相反する社会現象に対してずっと考えていたのです。しかし、今回、オリンピックによって朝鮮半島危機がオリンピックの期間は延期されたことは事実なのです。でも歴史的な不可思議な社会現象には他ならないと思います。

( 古代ギリシャでは、ギリシャの各部族は、たとえ争いや戦争が行われていたとしても、オリンピックの期間中には、争いや戦争を休止して、オリンポスの神々への、この宗教行事のためにオリンピック競技に参加したという逸話が伝えられていると言う。)

◆ そしてこの世界には私たちの知らない不可思議な因縁の渦のようなものがあって、不思議な巡り合わせによって、シンクロしてしまう可能性があり、それが人為的力によって演出されたものなのか、それとも不可思議な過去からの因縁によるものなのか定かではありませんが、過去の遠い昔のギリシャ神話の世界が現実の緊迫した朝鮮半島情勢の中にオリンピックを通して現されているかのような錯覚を起こしてしまうのです。

◆ オリンピックの聖火の故事来歴とは、現在のギリシャの世界遺産となっているオリンピア遺跡(オリンピアは、フランス語では、オランピアと言うそうです。)の中のヘラ神殿の中で、古代ギリシャからの伝統と儀式に従って、太陽光によって作り出されているものが聖火であると言います。( しかし、もともとは聖火の採光は、伝統的にはオリンポス山で行われていたそうです。 )

参考資料・HP
オリンピック総合情報NEWSより

オリンピック聖火
https://ja.wiktionary.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E8%81%96%E7%81%AB

◆ そして、そのオリンピックの聖火とは、ギリシャ神話によると【プロメテウスの火】として、ゼウスの支配する天界から、プロメテウスがその火を盗み出して、人間に与えたものであると言います。そして現実のギリシャのオリンピア遺跡のヘラ神殿で造られた聖火が、各国のオリンピックの会場に送り出されているということです。( 2008年の北京オリンピックを機に、国際オリンピック委員会は五輪開催に伴う世界規模の聖火リレーを廃止となる。 )

参考資料・HP
エピネシスより
http://epinesis.blog.jp/archives/69634049.html


机の上の空・大沼安史の個人新聞より
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/04/post-94c5.html


オリンポス山・Googleマップより
https://www.google.co.jp/maps/@40.3945001,
21.6133246,8z


ナショナル・グラフィック汚染地図より
http://ngm.nationalgeographic.com/ngm/0604
/feature1/images/mp_download.1.pdf>

xHfQqOA1KR_Qwm61518258055_1518258066_20180210193734882.jpg

GA75xQmSNgzuPOC1518354046_1518354119.jpg
V2Pku855RmYHXoA1518570288_1518570395.png

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR