五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

書籍紹介・芸術倶楽部・『ゴッホが愛した浮世絵と歌川正国展』                                           ロシア・エルミタージュ美術館での                   永遠の仏陀の素朴な崇拝者の像


eRQp3B04Bxu8v7B1517726909_1517727067.jpg
Sx2iAvx1KbuDioB1517726744_1517726868.jpg


■ 参考資料 

Эрмитаж и Екатерина II /エルミタージュとエカテリーナ2世
https://www.youtube.com/watch?v=fkhSEKyahYI


fBVd6E6QMza4RD01517727114_1517727267.jpg
zo9HY4Le5XebvHM1352538625_1352538672_201802042108267e1.jpg
(  芸術倶楽部・藝術出版社 1995年8月5日発行 VOL10より )

■ 永遠の仏陀の素朴な崇拝者の像 ■

『 ゴーギャンへの返事に僕はこう書いた。肖像画の中で、自分の個性を引き伸ばすことが許されたとして、僕は、あの自画像に、僕自身を追求しただけではなく、印象主義者一般の像というものを表そうとした。僕は、この肖像画は、永遠の仏陀を素朴に崇拝する坊主の像だと考えたのだ。』
( ファン・ゴッホの手紙・みすず書房㌻306 1888年10月4日付 番号545 )

◆ ヴィセント・ファン・ゴッホの書簡の中には、上記のようなことが書かれています。私はゴッホがこのような言葉を述べているなんて、今まで全然知りませんでした。それは学校の美術の時間にも習いませんでした。またゴッホの心理を研究するような病跡学の中でも、ゴッホがこのような言葉を日記に書いてるということを指摘されていませんでした。そして美術評論家も白樺派の文学者たちも指摘してこなかったのです。

◆ 私が、このゴッホの書簡集のこの文章を始めて知ったのは、五井野正博士の個展や書物を通して、始めてゴッホがこのようなことを述べているということがわかったのです。そしてそれはだれもがゴッホの手紙や書簡を調べればわかることてあったであったのです。 私は、五井野博士から始めてゴッホの本当の姿を知らされてような気がします。

◆ そしてそれは驚きでした。何故なら、ゴッホは自分で仏教徒であり、永遠の仏陀の素朴な崇拝者であると告白しているのです。そしてその永遠の仏陀の素朴な崇拝者の肖像画が、アーリア人の国・ロシアのエルミタージュ美術館で開催されたということなのです。下記はゴッホの『 永遠の仏陀の素朴な崇拝者の自画像画 』です。


k5Dx5JpUodvc3aB1521606058_1521606156.jpg
s1NsXS0XyQitVL21521606187_1521606197.jpg
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR