FC2ブログ

五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

善悪の赤い智恵の木の実(人工頭脳)の世界                               東西冷戦後の朝鮮半島問題 

CPz9CMYIZWwoUeL1502792058_1502792073.jpg

yPB1aoOGZi91vDL1502792660_1502792669.jpg







( 上記動画は、断片的なANNのニュース動画ですが、時間の流れの順に、起こってきた社会事象順になっています。但し、最後の3動画だけ別です。日本政府は、アメリカと同調して、北朝鮮を核攻撃して、北朝鮮全体を、民族を核で消滅させるようなことになるなら、日本は戦後の歴史を、広島・長崎の原爆の歴史を全て自己否定することになる。日本政府は、アメリカの北朝鮮への核攻撃を止めるのではなく、アメリカの核攻撃を容認して同調してしまうのだろうか。またユダヤ教の優生学の実現のために、人工頭脳によって作られた彼らの綿密で合法的なシナリオ・プロク゜ラムに従って、双方の国が、北朝鮮・アメリカそして日本の駒が進められている。動画は全てニュースなので途中で消えるかもしれません。)

◆ 昨年末より、アメリカでトランプ氏が大統領に就任して以来、これまで多少動きがあるにしても凍結されてきた朝鮮半島の問題が大きく動き出して、まるで東西冷戦の遺産を引き継ぐような形で、アメリカと北朝鮮との軍事力対立そして核戦争の危機の歯車が加速的に動き始めています。

◆ 私達日本人は、1950年に朝鮮半島で起きた朝鮮戦争の問題についてはほとんど知りません。また資本主義と共産主義によるイデオロギーの対立から生まれる軍事力の対立が、資本主義と共産主義を産んだ欧州の世界(東西ドイツ)ではなく、具体的な米ソの代理戦争という形で極東の朝鮮半島の中で起きてしまったということもあまり深く知らないのです。

◆ 北朝鮮とアメリカの対立、そのアメリカは北朝鮮の南進を抑えた国連軍の中心国でした。そして、北朝鮮と韓国と言う朝鮮半島における南北分裂国家の姿は、或る意味では善悪二元論の対立の世界であり、善悪の智恵の木の実の世界が、社会や国家の中に具体的に顕わされた世界とも言えるのかもしれません。つまりそれは、コンピュータの原理である白黒の二進法による二元論世界と共通した法則性が、国家の社会体制と言う大きな世界の中にも顕わされているのかもしれません。

◆ 普段、私達日本人は東西冷戦や資本主義と共産主義の対立と言うイデオロギーの世界とは無縁の世界で無意識的に生きていますが、この二つに分裂対立する世界が、最後は軍事力による核戦争で崩壊してしまうという過去の世界からの流れが存在しているようです。そしてそれが今回、アメリカのトランプ大統領の就任によって、再び動き出したようなのです。

◆ 1945年に日本の広島と長崎に原爆が投下されて、それ以降これまで何度何度も核戦争の危機があり、現在は2017年で72年目です。しかし、私達日本人が深く意識化することができない核の問題は、初めの原爆投下から100年の時を経ることもなく、私達日本人は、その最後の世代として、凝縮された過去の時間の再現の中に目撃することになるのかもしれません・・・・・わかりせんが・・・・そうならないことを願うだけです。

◆ そして重要なことは、この北朝鮮問題の根本的な、根源的な原因が、 総体革命論を捧持する北朝鮮系の日本の巨大宗教団体・ソンテジャクの五井野正博士に対しての、全ての社会活動に対する破壊活動が、今日の日本と世界の核危機の運命を作ったと思われてなりません。

◆ もし、ソンテジャクがいなければ、日本は正しく仏法を説く人に従って、明治以降の日本の朝鮮半島や中国に対して起こした植民地主義を正して、高度な人間文化を伝えることになって、けして現在進行形のような形で、北朝鮮から弾道弾ミサイルが日本の国土の上を飛び越えることや、さらに核戦争の危機さえなかったと思われてならないのです。

◆ そしてこの核の世界、このソンテジャクの世界に、過去の有頂天にさせられたカルマによって落ちている私・・・私達???・・・・それは内なる木星と金星のカルマの世界かもしれませんが・・・本当の真実のについて、新しい【ウイッピータイムス】を読まない限り、何一つ自分自身について【本当の真実】を知ることはできないのだと思われてなりません・・・・


C9XM9QcBl4BrKpk1502348127_1502348140.jpg
4bbkxmnayIvgjHa1502281285_1502281297.jpg

7hl6hGQjy3x_EAS1502794360_1502794374.jpg

PNzxwXJdPF6ae_E1502798040_1502798053.jpg


(上記動画は、シンギュラリティー技術的特異点の著者レイ・カーツワイル氏の大学講演)

◆  私達が認識しているコンピュータとは、ユダヤ教の優生学の目的を果たすために利用される二進法のコンピュータであり、どのようにしたら効率よく人類の人口を削減できるのか、この目的のためにコンピュータの知性が利用されるユダヤ教の目的を達成するために作られるコンピュータと言えるようです。

◆ しかし、本来のコンピュータとは、ユダヤ教の優生学の目的を果たすために作られるものではない。仮に現在のコンピュータが【666】の理念のために作られるユダヤ教のコンピュータであるのなら、そのような非人間的なユダヤ教的コンピュータではなく、社会的な善の実現のために作られるキリスト的なマインドによって作られるキリスト的マインドに基ずくコンピュータの存在もあるのではないだろうか・・・・

◆ しかし今回、アメリカの北朝鮮や中国に対する軍事戦略には、人工頭脳が利用されていると言う。( ちなみに、今回の米韓合同軍事演習は、コンピュータによる軍事シュミレーションであるようなニュースの話でした。 ) 軍事戦略の目的のために二進法のコンピュータが使われて、それが二進法のように分断された朝鮮半島の核危機の問題を深く考える時に、大きな世界と小さな世界が、ともに同じような法則性の中で動かされていると思わざるを得ないのです。それは善悪の智恵の木の実の世界が本当に二つの世界に顕わされているように思えてくるのです。

◆ そして私達日本人は、そのようなアメリカのユダヤ教の人工頭脳の戦略に従って、日本のマスメディアを通して、日本人の感情や社会心理の傾向をコントロールされて、そのユダヤ教の優生学の結論に導くように感情がコントロールをされてしまうということが起きてくるようなのです。

◆ 今回、今年初頭より、新しいウイッピータイムスを読んで、朝鮮半島問題の世間のメディアの情報とのその差異について、驚くべきことがかなりありました。そしてある意味で私達日本人は、二進法の人工頭脳によって作られたシナリオに従って、知らずしてマインド・感情コントロールされてしまうかもしれません。そしてこの問題は現在進行形なのです。

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR