五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

信州の自然世界45中部山岳国立公園・紅葉の栂池高原 ③ダケカンバの白い樹木群の世界

HSTi7qFcYxdfpfM1412649161_1412649193.jpg
3xrP_daPue8cUaw1412739681_1412739719.jpg

vPZ15z73fnhtZG81412218510_1412218549.jpg
nSp4HzQHYc5TVRm1412218606_1412218651.jpg
G6VqWftNTByC1l01412739616_1412739654.jpg
36rt2um9ZH2tZPi1412739554_1412739587.jpg
G6VqWftNTByC1l01412739616_1412739654_2014100813111947c.jpgeks5OY2tBK8dAPJ1412739501_1412739524.jpg
oSPwOT7Hjps1fwd1412739441_1412739472.jpg
D57Ts6YfmykQNgA1412739754_1412739787.jpg
xOIgfufSBafJ4Mi1412652840_1412652871.jpg
VLQbKHYDoW15Ra71412739322_1412739350.jpg
0oMcpNwoj5ixXkI1412652753_1412652791.jpg

◆ 上記、写真の中の動画は、栂池自然園の動画ですが、動画の中で多数見られる白い樹木の姿は、【ダケカンバ】の樹木群です。白樺のような白い樹木の色彩は、とても印象的な光を放っています。下記の写真は、昨年十月末に自然園を訪れた時のものですが、こちらはダケカンバの黄金の黄緑色の葉が全て落ちて、まるで人間の脳神経の枝のような繊細な姿をしています。ダケカンバの樹木は、白樺に似た樹木のようですが、栂池自然園の中では、とても神秘的な美の世界を現出させている樹木です。

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR