五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

書籍紹介池田整治+中丸薫著                              この底なしの闇の国NIPPONで 覚悟を磨いて生きなさい



◆ 東藝術倶楽部顧問の池田整治氏の最新の書籍がヒカルランド(アマゾン)より出版されましたので掲載したいと思います。今回は【太陽の会】代表である中丸薫さんとの共著のようです。この本の第三章の中では、オウム真理教の背後にある日本の巨大宗教団体の問題とユダヤ国際金融財閥の問題について深く述べられています。またユダヤ国際金融財閥に支配コントロールされている日本の製薬・医学世界の問題についても述べられています。

◆ この製薬・医療の世界の問題は、内部被曝問題と絡まって、日本の医療の世界を支配している大本の実体が、実はユダヤ国際金融財閥であり、その組織の下部組織となって日本の厚生労働省を支配コントロールしている日本の巨大宗教団体であり、私たち日本人は、このような真実に気付く必要性があると思われてなりません。特に医療の世界では完全に彼らに骨の髄まで洗脳されてしまっているのです。そしてこの事実に気付かないかぎり、彼らによって【隠された真実】に到達して【本当の真実】を理解してゆくことができないのです。

特に政党を持つ巨大宗教団体が厚生労働省をコントロールして、内部被曝した日本国民のために必要とされる複合漢方剤が医薬として使えないように彼らたちに制度がコントロールされているのです。日本人は、この事実を認識する必要性があるのです。そしていったい誰が、私たち日本民族の生命を抹殺しょうとしているのか気付く必要があるのです。それは上記二つの宗教組織が深く関与しているということです。 

◆ 本来であれば、この二つの巨大な古き蛇の謂れを持つ宗教組織がなければ、原発事故の問題や内部被曝によって起きてくる様々な疾病に対する解決方法や治療方法が日本の医療社会制度に組み込まれて、多くの日本人そして未来の日本人が、【内部被曝の脅威】を回避することができたかもしれないのです。その意味で私たち日本人は、この二つの宗教組織によって、【本当の真実】が日本の社会から隠されてしまったということを知る必要性があるのです。そのようなことで、この本の中には多くの私たち日本人が【本当の隠された真実】にたどり着くために必要な情報がの示されていると思います。

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR