五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

ロシア文学・文豪レフ・トルストイ 『アンナ・カレーニナ』      副題・新約聖書・ロマ書『復讐するは我にあり、我これに報いん』                                 ロシア社交界での罪人の女性・アンナ・カレーニナ

u_dtqWe4Wx7cDFf1394625800_1394625812.jpg
oqQnQJvM18rt6es1394628022_1394628031.jpg


06364eTd1xDVnGO1394760912_1394760929.jpg
HxszGTm6IN6e8kU1435065762_1435065773.jpg

主な舞台は1870年代のロシア。

政府高官カレーニンの妻である美貌のアンナは、兄夫婦の諍いを仲裁するためにやってきたモスクワで若い貴族の将校ヴロンスキーと出逢い、互いに惹かれ合う。

地方の純朴な地主リョーヴィンはアンナの兄嫁の妹キティに求婚するが、ヴロンスキーとの結婚を期待するキティに断られてしまう。失意のリョーヴィンは領地に戻り、農地の経営改善に熱心に取り組む。ところがキティはヴロンスキーに無視され、それがきっかけで病を患ってしまう。

アンナは夫と幼い一人息子の待つペテルブルクへ帰京するが、ヴロンスキーはアンナを追う。二人の関係は急速に深まるが、それを知ったカレーニンは世間体を気にして離婚に応じない。

アンナはヴロンスキーの子供を出産後、重態となる。そこへ駆けつけたカレーニンは寛大な態度でアンナを許す。その一連を目の当たりにしたヴロンスキーはアンナを失うことに絶望しピストル自殺を図るが、未遂に終わる。その後ヴロンスキーは退役して、回復したアンナを連れて外国に出奔する。

リョーヴィンは病気の癒えたキティと結婚し、領地の農村で新婚生活を始める。そして兄を看取ったことをきっかけに人生の意義に悩むようになる。

帰国したアンナとヴロンスキーの二人は、不品行が知れ渡り社交界から締め出され、やむなくヴロンスキーの領地に居を定めることになる。離婚の話は、狂信的な知人のカレーニンへの入れ知恵や、一人息子を奪われるというアンナの恐れなどの事情でなかなか進まない。自らの境遇に不満なアンナと領地の経営に熱中するようになったヴロンスキーとは次第にに気持ちがすれ違い始め、アンナはヴロンスキーの愛情が他の女性に移ったのではないかとまで疑うようになる。ついに絶望したアンナは列車に身を投げる。生きる目的を見失ったヴロンスキーは、私費を投じて義勇軍を編成し、トルコとの戦争(露土戦争)に赴く。

一方、リョーヴィンは、キティとの間に子供をもうけ、領地で幸せな家庭を築き、人は他人や神のために生きるべきものだという思いに至る。
( 上記は、ウィキペディアよりの引用です。 )

Vs_ER8MrsmtJf6e1435146206_1435146241.jpg
(ロシア政府高官カレーニン)
oU2rkZmXw5iFktr1435146824_1435146866.jpg
(カレーニンの妻アンナ・カレーニナ)
K_y0zlG8nvo4GqH1435146127_1435146170.jpg
(若い貴族の将校ブロンスキー伯爵)
z3Qf97aFaAVYHel1435147106_1435147142.jpg
(地方の純粋な地主であるリョービン)
_XKnAIbpsPVeZtA1435147029_1435147078.jpg
(アンナの兄嫁の妹キティ)

◆ 上記は、キーラ・ナイトレー主演の『アンナ・カレニーナ』です。『アンナ・カレニーナ』については、これまで数多く映画化をされています。

ロシアNOW・A・カレーニナを演じた10人
http://jp.rbth.com/articles/2012/10/02/39243

o4IwjjOs5rEwBpG1435233967_1435233977.png

◆ 以前まで、アンナの不倫の行動については、なかなか共感できないでいましたが、ハリー古山さんの本を読んでから、マグタラのマリアの問題が、どこかでシンクロしているような気がして、少し見方が変化してしまいました。あくまでも個人的感想、もしかして妄想かもしれませんが・・・・・


■ トルストイ・アンナカレーニナに行動の中に見られるマグダラのマリアの姿  

nYrExqagrUr6WQk1465712229_1465712239.jpg
cnmgNaqJL0r24381465712482_1465712496.png

『 最近・・・レオナルド・ダビンチが描いた世界的に有名な絵「モナリザ」と、その他イエスとマリアが描かれた絵にある暗号が隠されていた・・・・と話題になっていたが、これはある程度までは真実だと思うところがある。私としては、「このモナリザとして描かれた人物が、本当はいったいだれだったのか?」』また「彼はこの絵にどんなメッセージを入れたかったのか?」を考えてみることが非常に重要な点だと思うのだ。レオナルド・ダビンチと言う人物は、イエスとマリアの正体を本当は知っていた数少ない一人だったのではないかと、私は感じている。』 

『 さて・・・・・これから私が話そうとすることは、ある人々にとっては、とても受け入れがたい不愉快な話になるかもしれない。しかし、私はそれを承知でこれから新約聖書に登場する一人の「マリア」という人物の隠された秘密と、イエス誕生のいきさつ・・・・などについて話を進めて行くことにする。

 これからのストーリーは、私の「記憶の書」とも言えるものの中にずっと残されていたもので、それを今みなさんにお話ししょうと思っている。なぜ、私にそんな記憶があったのか?・・・・・それは私にもわからない。また他の誰かから聞いたとか、教えてもらったとかいう情報でもない。だから、これから語る内容を信じたくない人は、ただの小話と思って聞いてくださっても、けっこうおもしろいのではないかと思う。ただ、ある時・・・私の記憶の話を友人の宇宙人にしたところ、「その記憶は真実だ・・・・」と言ってくれたことがあった。』

 
(上記はハリー古山さんの再販された書籍の方で、第七章宇宙人も認めてくれたマリアとイエスの本当の話の㌻180~181より引用したものです。)

◆ 実はハリー古山さんのこの書籍に特に関心を持つきっかけとなったのは、不思議に思われるかもしれませんが、ハリー古山さんが、自らの過去の記憶を通して『マグダラのマリア』のことについて述べられていたからなのです。そしてそこで述べられている内容は、アカシック・レコード(個人の記憶の書)からのものであるので、なんの裏付けのないものであると著者自身が述べているのですが、私は何故かこハリー古山さんの記憶の書による内容が本当の真実ではないかとどうしても思えてくるのです。これは、もう一つのダビンチコードのお話であり、それはとても人間的な、人間臭い、或いはカルマ的な出来事であるのです。

◆ その中で特に注目したことは、マグダラのマリアがヘロデ大王の宮廷に仕えた側近の女性で、愛人というか、ヘロデ王自身は、マグダラのマリアとの間に子供を望んでいたけれども、彼女は突如宮廷に現れた異国のエジプトから来た若い使者(実は、その人の出自が地球人ではなく、金星から来た人だった。)と関係を持ってしまい子供が出来てしまう。宮廷の中でヘロデ大王の愛人の立場にいた女性が、ヘロデ大王を裏切って、或る意味では不倫関係の中で子供ができてしまう。

◆ 危険な状況に追い込まれたマリアは、宮廷を抜け出してヘロデ大王の追手を振り切り、無事出産するも、ヘロデ大王がマグダラのマリアを見つけた時は、子供はすでにおなかの中にはいず、怒り狂ったヘロデ大王は、有名なベツレヘムでの子供の虐殺事件を起こす・・・・つまり不倫で生まれたマグダラのマリアの子供を生かしておくなと・・・・(新約聖書の記述によるとヘロデ大王が、救世主の誕生の預言を知り、それを阻むために生まれたばかりの子供を虐殺したことになっているが、実はその要因には、上記のような裏事情があったらしいと・・・・)

◆ そしてこれが本当の真実の一端であると言うことなのてすが、そこにはどうしてマグタラのマリアが娼婦であるとされたのか、その理由が、このヘロデ大王との愛人関係の中から生まれてきているようなのです。そして真実とは、新約聖書や聖書外伝に述べられている文字として残されている内容と異なり、本当の真実である現実に起きた出来事とは、本当はもっと人間臭いカルマ的な出来事であったのではないかと思えてくるのです。そして言葉や文字として残されている新約聖書などの宗教書の中には真実は何もないのかもしれません。ここには不思議なカルマ的な出会いの法則が示されています。でも、このカルマはいかなる過去の因縁によるものなのでしようか・・・・

◆ そして何ゆえか、ヘロデ大王の宮廷内の愛人であったマグダラのマリアが、ヘロデ大王を裏切って、その異国の使者と不倫関係に入るということが、トルストイの【アンナ・カレニーナ】の世界にも通じるような出来事でもあるように思えてきます。確かに個人の記憶の書によるものは、何も裏付けはないのですが、しかし、ハリーさんはその時の記憶があるということですから、その時のその場に居合わせたということなのでしょうか?・・・・・・・・・或いは・・・いずれにしても本当の真実とは、もっと生々しい人間関係のドラマが隠されているのかもしれません。

◆ そしてトルストイのアンナ・カレーニナのアンナの衝動的で破壊的な愛によって破滅してゆく姿の中には、もしかしたら真実のマグダラのマリアの姿が、トルストイを通して表現されているのかもしれません。何故なら、アンナは、不倫相手のブロンスキー伯爵の子供を産んでしまうのですから・・・そしてその後、ブロンスキーとの不安定な愛人関係から精神不安定となり、モルヒネによる薬物中毒の中で、鉄道自殺をしてしまうのです。



◆ またこれは大変興味深いことに、上記書籍の中に、マンダ教のヨハネ伝承の中に、愛人と駆け落ちをして、女説教師・預言者となった女性の伝承について述べられている処があるのです。下記は㌻289よりの引用となります。

『 愛人と駆け落ちしたミリアィ(ミリアム・マリア)という女性を取り戻そうと、家族が死に物狂いで探し求める話がこの宗派には伝わっている。(しかし、彼女に家族の気持ちを伝える前は、「雌犬の心をもつもの」とか「堕落したこね鉢」という下品な言葉で彼女を呼んでいる。)彼女は「エルサレムの支配者」の娘としてユーフラテス川の河口でマンダ教の夫と暮らし、玉座から「真実の書」を語る女預言者となった・・・・一方、ミリアイという名前と、誤解され迫害された「娼婦」としての描像は、故郷を離れて説教師か預言者になったという内容から考えると、マグダラ伝承を示している。 』

◆ 内容は僅かな断片的なマンダ教に伝わっている伝承のようですが、もしかしたら、このようなマイナーな伝承の中に真実の断片が残されているのかもしれません。個人のアカシック・レコードの記憶とは言っても、それが真実であるのなら、現実の歴史の断片の中に、そのアカシックレコードとシンクロする伝承が残されている可能性もあるのではないでしょうか・・・・少なくともそれは、ローマ・カトリック教会によってねつ造された宗教書の圏外に存在していると仮定したほうがよいのです。


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR