五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

信州の自然世界 29                            旧大町スキー場より展望した雪山風景

1LrxW1Ovh7mq3qZ1393323774_1393323820.jpg
K3mfMD38FRgEJLf1393323935_1393323979.jpg
_stf7zXbmBDjYPs1393249451_1393249514.jpg

9HGFRplbNw8psOv1393312766_1393312829.jpg
FRivlxrXTLJG6NB1393248489_1393248535.jpg
GcFE6iRhlHxll3C1393248393_1393248444.jpg
pza50yVkITeLs0s1393248767_1393248833.jpg
omq_xJy64HKIahN1393248572_1393248632.jpg

◆ 先週の22日、23日に信州で五井野正博士の講演会がありました。そして講演会の前日の22日にふる里村による雪山でのカンジキによるウォーキングの行事があり、雪山の中をカンジキを履いて歩いてきました。雪山の中を歩くことはまったくの始めての体験でしたが、旧大町スキー場から歩き始めて、小高い山の上の展望のよい処で撮影したアルプスの雪山の情景が上記の写真です。当日は数日前の大雪とは違い、青い天空の空間を背景に、白銀の雪山の世界が遠方にそびえていました。


eolCgKoOyelihrI1393324568_1393324633.jpg
lA2GItJYeaJ8iH61393312672_1393312730.jpg
u0cr_sINn7PuWN71393323186_1393323245.jpg
zJsFY7HGEdBsVAL1393323856_1393323901.jpg
8nJ6lVfbZ6VmIK31393323665_1393323736.jpg
_stf7zXbmBDjYPs1393249451_1393249514.jpg
BNdBW9PUeyBNKux1393249339_1393249411.jpg
lA2GItJYeaJ8iH61393312672_1393312730.jpg
R1J7N3Umi1rIXzx1393312578_1393312627.jpg
9da4SEsLB9X5aUX1393312469_1393312529.jpg

◆ カンジキウォーキングの中で特に関心のあったことは、植物の生態についての話です。雪山で見かける樹木は、樹木の上層部には、葉や枝がはっきりとありますが、下層部には、枝や葉もない姿を林や森の群生している処でよく見かけますが、これは樹木自身が下層部の枝や葉を自らの意思で切り落とすことで、上空から来る太陽の光が届くように調整しているという担当の方の話でした。

◆ 私はその話を聞いて樹木にも意思があるのかと単純に疑問を持ちましたが、 ある樹木の生態系の中に一匹のイノシシが侵入するこによっても、その樹木の一群は、そこに生息する生き物全体が、そのイノシシが侵入したことによって警戒モードに入るような話を聞いたので、イノシシではなく人間が入ったら、それ以上に樹木の世界が警戒モードに入るのだなと思いました。でもここは日本でありながら、日本ではない世界のように感じられ、それはアルプスかもしれませんし、チベットのヒマラヤの世界のような世界なのかもしれません。

◆ 下記ネット検索による檜の葉の画像です。今回のカンジキレクレーションの中で、担当の方より樹木の識別の仕方として説明がありましたが、時間が経過して記憶が定かでないのですが、葉の裏側に、Y文字のデザインがあった場合には、その樹木が檜であったような気がします。記憶が定かでなくなりましたので、覚えている方いましたら、訂正してください。唯、樹木の識別方法が、このような樹木の葉の中に刻み込まれた紋様によって識別するということについては、今回初めて知ったので面白いと感じました。何か植物と対話ができそうな話ですので、また機会がありましたら、いろいろと教えていただければと思いました。

CrTwmpsR5wmhYo71393665553_1393665564.jpg
0a4OHSjen9emAwy1393824569_1393824624.jpg

Z_oXkYzWIUKPPx91393312863_1393312931.jpg
( 上記は、ネットよりの絵図です。)
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR