五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

五井野正博士(ロシア国立藝術アカデミー名誉会員)

bwNWXDAopQvV7a5.gif
9AzNq_djnTfh4_N.jpg
( 上段は、五井野正博士著『科学から芸術へ』下段は、博士がロシアのエルミタージュ美術館で展示会を行った時の図録です。図録の中央には、永遠の仏陀の素朴な崇拝者であるヴィセント・ファン・ゴッホが描かれています。)

◆  歌川派門人会初代会長(画号 歌川正国) 小説家 音楽家 美術評論家 社会運動家 経済評論家 歴史研究家、印象派の画家・ヴィセント・ファン・ゴッホの国際的研究者であり、浮世絵による世界への日本文化の啓蒙活動・ジャポニスム・ルネサンス運動を行なった美術運動家でもある。

◆ 著書『法華三部経体系総論』『七次元よりの使者』『新・七次元よりの使者』『平成貴族読心経』『科学から藝術へ』『ゴッホの向日葵の復活』などがある。詳しくは『財団法人 歌川派門人会』『ウイッピータイムス社』『株式会社アートメディア』のホームページ参照。

◆ 1995年、ロシアのプーキシン美術館、エルミタジーュ美術館にて『ゴッホが愛した浮世絵と歌川正国展』を開催して藝術の国・ロシアで評価された現存の唯一の日本人画家となる。 

◆ また、浮世絵の国際的コレクターであり、印象派と浮世絵の関係を解明された研究者で、ゴッホのジャポニスムを顕した絵画(花咲く梅の木・雨中の大橋)に描かれている日本文字を解読され、そのことがフランス政府より評価されて、平成16年にパリ国立ルーブル美術館東洋美術部であるギメ美術館より藝術文化勲章シュバリエを受賞されています。

◆ また博士については、藝術家であると同時に科学者であり、いろいろと調べてゆくと、科学、医学、薬学、天文学から非世間的領域に至るまで様々な側面があり、特に医学分野では、これまで評価されてこなかった東洋医学を理論医学として復活させて、漢方の自然薬を抗癌複合漢方剤として、始めてヨーロッパの臨床試験で認可を受け、ロシアのチェルノブイリ原発事故後の放射線被曝疾患の治療方法(五井野プロシジャー)の発明者でもある。

◆ しかし、博士は医学以外にも様々な科学分野があり、私たちがその全体を把握して理解してゆくことは大変困難のように思えます。

◆ 個人的な捉え方となりますが、博士は、明治以降日本人が失ってしまっている日本的霊性を浮世絵を通して再生されて、また浮世絵を通して過去の仏教の流れの持つ意味を、現代に明かされた方のように思えます。ただ、あまりに奥深く、私には把握できないことが、数多くありすぎますので、どなたかご教示いただければと思います。 


よかったら押してね!
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

哲学・思想 ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking



 
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR