五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

信州の自然世界 24 中部山岳国立公園 栂池自然園                栂池自然園・展望台風景

uo8MZX8bpcfibyh1384506445_1384506510.jpg
5eJ7lkKfsg6PxUS1384506324_1384506391.jpg

9hk4rD5fK4eGywu1384506565_1384506633.jpg
E_mFSBLSh2Td_kB1384506694_1384506779.jpg
OnMzYH2MjN9jQqI1384506831_1384506865.jpg

◆ 上記は、栂池自然公園の展望台よりの雪山の風景です。この場所は、自然公園の中でも一番すばらしい自然の景観を眺めることができる場所であり、この場所に立ち止まって、前方にそびえる雪山を眺めて、本当にずっとそのままの状態で、眺め続けることになるのだと思います。

◆ そして何故か、このような自然世界を見つめていると、この自然の世界とは、本当にオムネク・オネクが本の中で述べていたように、この自然の世界とは、イデアの世界或いはアストラル世界に、この自然の世界の原型であるイデアの世界があって、それが複写された世界ではないかと思えてくるのです。


t9IudkKElQB5Yoy1384506913_1384506977.jpg
pHadgB2sKl0kcVl1384507163_1384507224.jpg
_z45z6Je2rEeY9M1384507024_1384507100.jpg

◆ 上記の写真は、展望台から少し山の中に入った処ですが、こちらも樹木の枝の前方に垣間見える雪山の世界は、とてもすばらしく、右側の紅の葉を黒い枝に乗せている樹木は刺激的な印象を与えます。あの雪山の世界にはヒマラヤの聖仙であるリシがいるのかなと思わず思ってしまいます。

◆ このような処に、修道院や寺院があるのであれば、それはオムネク・オネクの本の中に書かれているヒマラヤの秘密寺院の世界になるのかもしれません。人間界を越えた自然の世界が、この日本にはあまりないと思うのですが、ふとこの栂池の世界を見て、この日本にも秘境的な世界が隠されているのかなと感じました。


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR