五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

信州の自然世界⑥ 白樺湖畔

l1c8AEgDRWk7e9X1377673100_1377673144.jpg
KkyX_RQv4YgVt2T1377675646_1377675699.jpg
U4DbmOgHh3DvFjB1377674935_1377675014.jpg

◆ 今回、8月24、25日、五井野正博士の講演会と第2回のリフォーム講習会があり、白樺湖畔を訪れました。リフォーム講習会は、2回目ということでまったくの素人が玄人の職人さんからコメントや指導を受けるのですが、今回の2回目は前回と異なって、人それぞれに個別的に室内の状態に応じて、いろいろとコメントをしていただけたので、前回と違って自分なりの視点を持つことができたと思います。

◆ 長野県茅野市にある白樺湖は、標高が千三百㍍もある処なので、暑い夏と言えども、三時間ほどの講習を終え16時になる頃には、窓際から冷風が押し寄せて、さすがに標高の高い処にある湖なのだなーと実感しました。湖畔は、どちらかというとホテルが立ち並ぶ湖畔の反対側のほうが、車の通りも比較的少なく、湖畔に沿って道が整備されているので、本当にゆったりとしている湖畔の周りを散歩してみると、中には写生や湖畔の風景をデッサンしている人もいて、このような処でのんびりと油絵を描いて時を過ごしたいなーと思いました。

◆ 個人的にはこれまで白樺湖を一度も訪れたことがなかったので気付かなかったのですが、今回の博士の講演会の中で『黒曜石』のお話があり、大変驚きました。八ヶ岳には、アルメニアと同じような『黒曜石』が発掘された地域があることは、博士の『科学から芸術へ』を読んでわかっていたのですが、具体的に八ヶ岳のどの地域にあるのかまでは知りませんでした。

◆ ところが、今年の冬季に知人の用事で、すぐ近くにある姫木平を積雪の中を訪れたのですが、実はこの姫木平のすぐ近くに『黒曜石』のミュージアムや発掘場所でもある『和田峠』などがあり、すでに白樺湖近郊の霧ヶ峰一帯が、黒曜石がある地域であったのです。

◆ 白樺湖と黒曜石は直接結び付かないかもしれませんが、本当にその現地にいながらも、そのような重大な事に気付きませんでした。そして本当に近くにあるのだなーと思った時に、この白樺湖畔の世界は、黒曜石を通してアルメニア・シュメールと繋がっているのかなと思われました。

◆ 一般に『黒曜石』と言うと矢尻などの武器に使われるものと思われていますが、『黒曜石』は、黒色で光り輝く石でもあるので、様々な人々がブログの中で述べているように、黒曜石の中に美しく顕れる光りの輝きは、その黒色の石の世界の中に、本当に小宇宙が顕されているな気がします。またこの黒色の光りの輝きの世界は、ある意味では夜の『クラブ』のイルミネーションの世界のようにも思えてきます。

◆ そのようなことで、もし時間があれば、黒曜石を探しに行きたいと思いますし、黒曜石の小宇宙的アートの世界を探したいとも思います。帰路の時に、白樺湖観光センターで『姫木平・ビーナスラインロードマップ』を貰いましたので、白樺湖近郊・霧ヶ峰地域と言うことで参考に地図を掲載したいと思います。そのようなことで、白樺湖の世界と黒曜石の世界が繋がって、それは過去のずっと昔の記憶の彼方に埋もれたアルメニア・シュメールの世界と繋がっているのでしょうか。


NLT8GkT0mHskNvZ1377854166_1377854200.jpg

◆ 上記は『姫木平・ビーナスラインロードマップ』です。中央に位置する白樺湖、姫木平を含む下諏訪町との間が霧ヶ峰高原となり、黒曜石が発掘された地域です。五井野正博士の『科学から芸術へ』の㌻39には、『長野県諏訪市の山の上辺りに、霧ヶ峰という所がありまして、そこに遺跡があり、黒曜石がでてきます。』と述べられています。そのようなことで白樺湖近隣の地域なのです。

黒曜石体験ミュージアム
http://www.hoshikuso.jp/modules/museum/index.php/category0007.html

長和町の黒曜石
http://www2.ueda.ne.jp/~moa/nagawaob.html
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR