五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

ゴッホの星月夜の中に顕されている英泉の花魁の龍神



4A1qAZDV0_xQc6c.jpg

◆ 上段は、ゴッホの有名な絵である『星月夜』の絵です。以前にもこのブログの中で、ゴッホと金星の関係について述べた時に、星月夜のお話をしました。この夜の星空の中には、月と金星が描かれていて、ゴッホと天文や星座の関係について調べている人々は、ゴッホ・ファンの人々の中には数多くいると思われます。

◆ 私は以前、筑波のエキスポで『ゴッホが描いた星空』と言うテーマで、プラネタリウムの世界の中で、ゴッホが描いた星空の関係がある絵画を見たり、上記の英泉の花魁の絵などをプラネタリウムの世界の中で絵画鑑賞をした記憶があります。

◆ その時には多くの人々が訪れていて、印象派の画家の中で、絵画と天文や星座と深い繋がりの画家は、実はゴッホだけではないのかと改めて感じることになりました。それにゴッホは、その中でも金星を描いている絵があると思います。

◆ そのようなことがあって、このゴッホの星月夜と星座や天文の関係については、とても関心を持ってきましたが、つい先日の五井野正博士のご講演の中で、この星月夜の絵について、驚くべきコメントを聞いて私は大変驚きました。それはこの星月夜の絵の中に書き込まれている夜空の波と言うかうねりの表現が、実は英泉の花魁が着ている着物に描かれている龍神の渦の文様から来ているものであると言う指摘でした。

◆ 私はこのようなことは今まで聞いたことがなかったので、大変驚くとともに、このゴッホが描いた『星月夜』の絵の世界の中には、様々な私達が未だに知り得ない深い意味が封印されているのだと改めて感じることになったのです。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR