五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

五井野正博士『ジャポニスムとは、日本主義である。』              新吉原江戸町壱町目 玉弥内白糸


mdnAcXAM2kKez511365590950_1365590985.jpg
( 五渡亭国貞画 )

◆ 上記は、新吉原江戸町壱町目玉弥屋遊郭の花魁・白糸と二人のかむろが描かれている浮世絵ですが、端午の節句ということで『菖蒲』がそれぞれの着物に描かれているようです。端午の節句と言えば、5月で午月となり、田植えのシーズンとなりますが、菖蒲とちまきの絵の中には、宝刀も描かれていて男の子の節句を顕していますが、民俗学的には、もともとの端午の節句とは、女性の節句を意味していたようです。

◆ それは、『田植え』の宗教民俗学のようなものですが、5月5日には、『女の家』という田植えの宗教行事のようなものがあって、田植えを始める時期の前に、早乙女と呼ばれる田植えを行う女性達は、家の中に一人籠もって物忌みを行い、その時期には男達は家から追い出されるという宗教行事があって、もともとの端午の節句の意味とはそのような早乙女達の物忌みの行事であったようなのです。

◆ ですから、菖蒲にしてもちまきにしても、田植えをする前の禊ぎのために家に籠もるためのものであったのかもしれません。このように考えてゆくと、花魁やかむろ達が端午の節句の時に『菖蒲』の描かれた着物を身につけるのも、彼女たちが、早乙女ではないにしても、その故事来歴を考えると何か深い繋がりがこの宗教行事の中にあるように思えてきます。

◆ 下記は『成住壊空のブログ』さんの桜と、とてもシンプルで綺麗な浮世絵の画像です。浮世絵の世界とそこに描かれている植物の関係を調べてゆくと、五節句や陰陽五行の考え方などを通して、江戸時代の人々の自然観が私達の心に自然に伝わってきます。浮世絵と植物の関係を調べてゆくと、浮世絵と自然の世界が深く繋がっていたということがわかります。ぜひ閲覧してみてください。

成住壊空のブログさん
http://ameblo.jp/joju-eku/entry-11502872332.html
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR