五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

ダニエル・ロス著 『UFOー宇宙からの完全な証拠』



◆ 『ザ・フナイ12月号』の五井野正博士の記事の中で、ダニエル・ロス著の『UFOー宇宙からの完全なる証拠』『第2惑星からの地球訪問者』の本の紹介がされています。

◆ ダニエル・ロス氏は、相当以前に日本GAPの招待で日本に来日して講演を行っている方ですが、今このような形で五井野正博士によってアダムスキー関連著書が紹介されていることを知ると、(個人的な感想となってしまいますが)、アダムスキーを通して久保田八郎氏や日本GAPが日本国内でこれまで行ってきたことが繋がり、アダムスキーの行ったGAPの運動が繋がったような気がします。

◆ なぜなら、アダムスキーの見解は、現在ではNASAによる真実の隠蔽工作によって、アメリカでも日本でも、社会的に抹殺されて、アダムスキーが伝えた真実が正当に評価されていないからです。その意味では、この書籍の中で言及されている隠蔽工作組織であるサイレンス・グループの行ったことは、大変大きな社会的影響を持っていたのです。

◆ アダムスキーは、スイス講演の時に彼らに妨害を受けて、彼らの正体がスイス・チューリッヒに本部を置く国際金融家達であることを認識していて、彼らはナザレのイエスが神殿の中で追い払った両替屋達の流れを汲む者達と伝えているのです。つまり、アダムスキーがGAPの講演活動をしている時代から、国際金融財閥がGAP活動を妨害していたのです。 

以下は、上記ダニエル・ロス氏についての書籍からの概略です。

  ダニエル・ロス氏

『 原著者ダニエル・ロス氏は、1947年6月19日、米ニューヨーク州グレンズフォールズで生まれた。米海軍の電子工学学校で原子物理学と高等電子工学を2年間学び、その後は原子力潜水艦の原子炉オペレーターとエレクトロニック技術員として5年間勤務。さらに2年間、新型原子力潜水艦の建造と原子炉設置テストの任につき、退役後は、サンディエゴ州立大学で3年間、科学と哲学を学んだ。

 1982年までの3年間、大学の経営管理部門の職につく一方、1974年以来、UFOの広範囲な分野と宇宙学を研究。その後、故郷の町の上空に劇的なUFO出現が発生して多数の市民が目撃した。UFOと宇宙哲学のアダムスキー派研究家として講演、成人学校での指導、著作等で活躍している。

 1987年には日本GAPの招待により来日して、東京有楽町の朝日ホールで開催された日本GAP総会でUFO問題に関する講演を行った。現在はカルフォニア州ウォルナットグリークで公益宇宙科学センターを主催している。パメラ夫人と二人暮らし。』
 
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR