五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

ゴッホが愛した歌川派(浮世絵)美術館



 『 当美術館では、世界的に有名な画家ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(1853-1890 オランダ生まれ)が生前コレクションした浮世絵と 同一絵柄の江戸時代の浮世絵(木版画)を完成した形で展示しています。 

また、ゴッホの研究家でゴッホの絵に描かれた日本文字の解読を世界で初めて行い、それを自らの絵「雨中の大橋上のゴッホ」として表し、浮世絵と共に 世界三大美術館の一つロシア国立エルミタージュ美術館を始めとして米国、ヨーロッパ等、十数ヶ各国で展覧し、大反響を起こした歌川正国 画伯(本名 五井野正 ロシア国立芸術アカデミー名誉正会員 長野県在住)の絵画を中心に、ゴッホの真実、ゴッホの夢に迫る展覧を行っています。』 ( 美術館ホームページよりの抜粋 )

◆ 上記は、ゴッホが愛した歌川派(浮世絵)美術館のホームページよりの抜粋ですが、この美術館には、後期印象派の画家であるゴッホがコレクションをしていた歌川派の浮世絵が展示されています。またその中でも特に興味を引くのは、ゴッホが描いたジャポニスムの絵画である『雨中の大橋』『花咲く梅の木』の絵の中に書き込まれた『日本文字』の解読がなされて展示がなされていることです。

◆ また美術館の展示コーナーの中には、そのゴッホの描いた『日本文字』の解読をされたロシア国立芸術アカデミー名誉会員である五井野正博士の芸術作品が多数展示されていることにあります。たとえば上記パンフレットの中に描かれている鏡絵の中に描かれている『永遠の仏陀の素朴な崇拝者』の肖像画が展示されています。

◆ 美術館には、これまで五井野正博士が、ロシアのエルミタージュ美術館やプーシキン美術館で行われた展示会の図録や絵はがきそして、ゴッホの描いた日本文字を解読した内容が詳しく記述されている『ゴッホの向日葵』の復活などの書籍が販売されています。

             ゴッホの愛した歌川派(浮世絵)美術館
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR