五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

五井野正博士・アルメニア医学学会における【講演及びダンス】




◆ 上記は、YOU-TUBEに掲載されていましたアメリカ・サンフランシスコで行われたアルメニア医学学会における五井野正博士の講演とパーティーにおけるダンスの模様のようです。

◆ 博士は、紋付き袴の江戸時代末期・開国前夜に江戸幕府側の重要人物であった勝海舟の姿で扇子を持ってリズミカルに楽しく踊られています。周りを見ると大勢のアルメニアの人達が博士を囲んでいるのがわかり、とても楽しい雰囲気が伝わってきます。

◆ アルメニア医学学会が行われたサンフランシスコの地は、勝海舟を乗せた咸臨丸が到着した処ということです。( 平成17年に、現職の与野党の国会議員が参加して行われる『平成幕末世直し劇』の中で、五井野正博士は、勝海舟役をされていたと言う経緯がある。)

◆ また講演を行う演台を見ると大アララト山・小アララト山を描いた絵模様が懸けられていることがわかります。アルメニアについては、五井野正博士著書『科学から芸術へ』の中に詳しく述べられています。

◆ また博士によると、現在のアメリカには、多くのアルメニア人が19世紀のアルメニアで起きたトルコによるジェノサイドにより亡命をしていて、医学・医療の分野で多くのアルメニア人が活躍されていると言われています。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR