五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

五井野正博士『ジャポニスムとは、日本主義である。』              紫式部 源氏歌留多 第十一 花散里



◆ 上記の浮世絵は、源氏物語第十一帖の花散里の章を描いた浮世絵です。花散里とは、すでに亡くなられている帝であった桐壺院の時代に、桐壺院に仕えていた女御の一人で麗景殿女御と言う女性の妹にあたる方です。女御とは、どのような意味かと言いますと、帝の妻が『中宮』と言う最高位の位で、『女御』とは、その次の位で、その女御の中から中宮が選出されるような形です。

◆ 光源氏の母の桐壺更衣は、その女御より位の低い、『更衣』という位の女性で、その位の低い女性が帝の寵愛を受けて、光源氏を生んで将来の帝の位を継ぐかもしれない皇子となるかもしれないので、光源氏の実の母である桐壺更衣は、女御や更衣などの上下の女性達より嫉妬と恨みの総攻撃を受けて神経衰弱して死亡してしまったという経緯があります。

◆ 花散里は、そんなすでに亡くなられているその桐壺帝の女御の位の麗景殿女御と言う女性の妹で、この麗景殿女御は、桐壺帝との間に子供ができなかったので、桐壺帝の死後、自宅に帰っていたのです。そしてどうして光源氏が、この女御と関係があるのかというと、実はこの麗景殿女御ではなくて、その女御の妹と一度だけ関係を持ったことがあったのです。でもあまり関係が深くなかったのです。

◆ 実はこの第十一帖の物語の前に、光源氏は、藤壺と言う継母との間に過ちがあって、藤壺が妊娠してしまって、皇子を出産後に、藤壺は出家をしてしまうのです。と言うのも藤壺は、亡くなられた桐壺更衣の後妻として桐壺帝の妻となった人なのですが、その後妻と光源氏が関係を持ってしまい、子供を作ってしまい、桐壺帝はそのことを知らずに、藤壺が自分の子供を生んだと思っているのです。それ故に藤壺は、宮中に真実が発覚することを恐れて出家してしまうのです。

◆そしてそのような大きな出来事があって、光源氏は気持ちの安らぎを求めて、過去に一度だけ関係を持った女性である『花散里』の処を訪問して、癒しを求めるということが、この章なのです。ですから左側の女性は、恐らく花散里であると思います。彼女は手にとっくりを持って、光源氏にお酌をしょうとしています。

◆ でもこのような物語の背景と浮世絵の世界は、かなり精神的な落差があるのかなと思います。源氏物語の世界とは、ある意味ではとても生々しい世界であり、その生々しい世界と美しい浮世絵の世界とは、別もののような気がしてなりませんが、その奥に紫式部の意図があるのだろうとも思えます。

◆ もともと紫式部の源氏物語とは、宮中のサロンの女性達を対象に作られたものとされています。ですから、その女性達は、このような源氏物語を読んで何を学んだのでしょうか。紫式部はこの物語を通して、何かを宮中の女性達に伝えたかったのでしょう。そして現代でもこの源氏物語はブームを呼んで多くの国々の人々に読まれています。

◆ しかし、以前は明治時代には発禁図書の扱いとなったり、それ以前は、このような物語を書いた紫式部は、地獄に堕ちてしまっているということで、源氏物語を供養する源氏一品供養ということで、源氏物語を書いた紫式部と源氏物語の愛読者達を供養するということが行われたということです。つまり現在がブームであっても過去の時代ではそうではなかったのです。でも江戸時代はそれが大衆化した時代なのです。何か奇妙で不思議な感じがします。

◆ つまり、この源氏物語に対する見方はいろいろな側面があるということです。そのような中で、一番の鍵は、この物語が宮中の女性達が読む対象者であったということが重要なことなのだと思います。しかし、この源氏物語は、広範囲に渡って影響を与えていて、例えば遊郭の中の遊女の名前に、この源氏名が付けられて、そのような源氏名の流れは、現代まで水商売の仕来りとして伝わっているわけです。( 歌川国貞画 1857年 安政4年 )


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

美術鑑賞・評論 ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR