五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

金星からの使者ファン・ゴッホとオムネク・オネク

YAq6YwbFYJz09kq_20121030184405_20140714085014268_2015022312001183d.jpg


GFSaTiIKfbZU0lE.jpg
HHVO7SNufecrJu0.jpg

◆ 上記は、ゴッホの有名な『星月夜』と『糸杉と星の見える道』の絵です。前回も、この絵のことでお話をしましたが、この二枚の絵は共に、絵の中に『金星』が書き込まれています。

◆ 上段の星月夜では、左側に描かれている糸杉の真ん中の右上に、中心が黄色で白色に輝いているのが『金星』です。また中段の糸杉と星の見える道の絵では糸杉の左側に輝いているのが『金星』なのです。

◆ 私はこれまで、五井野正博士の芸術論講座を聴くまでは、特にゴッホが描いた星については、何も関心がありませんでした。ところが『オムネク・オネク』の本を読んで、博士の講演会で話を聞いている内に、やっぱりゴッホは、金星を描いていたんだと、日本中のゴッホ・ファンと比べて大変遅れて気付いたのです。

◆ でもゴッホ・ファンの人々は、どうしてゴッホが金星を描いたのか、その理由について深く内容の理解はできないと心の中で思っていました。何故なら、ゴッホがその『金星』から、ナザレのイエスのように地球に転生して来た人であるとは思わないからです。

◆ そのような意味では、私は一般のゴッホ・ファンの人々が、このオムネク・オネクの『金星人オムネク・オネクのメッセージ』の本を読んでもらいたいと密かに思っているのですが、なかなか難しいと思います。以前、東京芸術大学を卒業された美術の先生に話をしたらやはり無理でした。私の実感では、美大を卒業した先生というのは美術を左脳的に学んでしまうような気がしましたが・・・・

◆ そのようなことで、オムネク・オネクの話をストレートに受けて、それを美術の世界に結びつけるということは、大変難しいような感じを受けたのです。しかし、ゴッホが金星を描いていたということは、確かに『ひまわり』と同じでゴッホを取り巻くシンクロ現象の一つだと思うのですが、一つのその解明のきっかけは、ゴッホが『宇宙意識』を持っていたということが、その理由になるのかもしれません。

◆ 宇宙意識と言うと難しいですが、宇宙的感覚を絵画の世界の中に書き込もうとしていたのではないでしょうか。私はそのことを『ローヌ河の夜』や『詩人ボックの肖像画』を見てそのように思うようになったのですがこれは、自分勝手なとらえ方なので、正しくはないと思いますが、ゴッホには、他の印象派の画家達が自然の次元で止まっているのに、ゴッホは自然の奥にある宇宙的なものを感覚で捉えていたような気がするのです。

◆ そしてその感覚が、恐らく金星に繋がっていると思うのです。それは博士が芸術論講座の中で述べたように『ロイヤルブルーの世界の中に金色に光り輝く向日葵の姿』を表現するということが、私は『金星』そのものであるような気がしてならないのです。



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

哲学・思想 ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR