五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

五井野正博士『七次元よりの使者・第0巻』                     ( 龍と虎及びダイヤのトランプ七の表紙の本 )

cw5g3yoDQ0H0gWp.jpg


◆ 上記は、五井野正博士『七次元よりの使者・第0巻』の龍虎の絵とダイヤのトランプ七を表紙に持つ版の本です。この本の表紙の絵の世界の中にも、いろいろな意味が秘められていると思われます。また下段の広告は、当時の『UFOと宇宙』と言う雑誌に掲載されていました『七次元よりの使者・第0巻』の広告です。

◆ すでにこの雑誌は、相当以前に廃刊となっていますが、70年代は唯一の精神世界の雑誌であつたと思います。私は、二年前に偶然、中野のホビー村の専門古書店で数冊発見して、記念のために買ったものですが、当時は、この雑誌の中に、何回か広告が掲載されて読者に大きな影響を与えたと思われます。

◆ 特にこの下段の広告を見ると『オーソン・セムジャーゼ』などの天界人のメッセージが掲載されていますが、これらのメッセージの背景には、核戦争・地球の地軸の傾斜による地球の自然の大変動・太陽系の異変の問題など、アダムスキーが金星人達天界人から警告された、アダムスキー問題が背景にあるということを物語っています。

◆ たとえば、その中で金星人オーソンのメッセージを書き出してみると下記になります。

『この本を書かれた方は私にとって唯一最高の方である。この本は、今までだれによっても解かれることのなかった太陽系宇宙の問題を解明している。私は、この本は宇宙の真の姿を描き出していると思って読んだ。とんでもない本が出た。地球にはとんでもない人がいる。今、最低の地球は最高の人によってすばらしいもの、太陽系の中心、銀河の中心となる。』

◆ 以上がこの広告に記述されているメッセージの文章なのですが、当時も現在もそうだと思いますが、受け止め方は、人によって千差万別のようです。中には、単なるペンネームということで判断する人もいます。それは人それぞれの受け止め方となってしまうのですが、恐らく当時は、アダムスキーの警告のメッセージがあって、自分達はどこにその解決方法や道を求めたらよいのか、現在と同じように、みんなが真剣に悩んだ時期があったのだろうと思います。( 現在、七次元よりの使者は、なかなか手に入らない貴重に書籍となってしまいました。)

◆ そしてその解答と解決方法が、この本の中にあると感じた人々が数多くいたのです。そして多くの人々が、この本の中に解答を求めたのだと思います。それは現在も過去も同じ構図があると思われます。ただ、違うとすればもう、なかなかその本が手に入りにくくなってしまったということかもしれません。



よかったら押してね!
 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

哲学・思想 ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR