五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

五井野正博士『タバコと放射性ポロニウム』を読んで 国立がんセンターにポロニウム測定器を導入してほしい。                                      日本赤十字社やキリスト系医療団体に、この問題に関心を持ってほしい。巨大宗教団体は邪魔をするな。

xjCjrFiTT86NFH8.jpg
Tq7HgMoboHUjv87.jpg
ndJsgms8U3TgfCW.gif
( 上段は、日本赤十字社の創立記念切手、日本赤十字社は、日本国民の内部被曝問題に関心を持ってほしい。下段は、よくわかりませんが、高速増殖炉とIAEA国際原子力機関関係の記念切手です。 )

◆ 今回、ネットに掲載された五井野正博士の特別寄稿文『タバコと放射性ポロニウム』の文章を読んだ。肺癌の原因が、実はタバコの中に含まれている放射性ポロニウムだったかもしれないと。これは驚きだった。もしかして、内部被曝(疑)

◆ このようなことは、突発的だけれども、IAEAの意見を尊重して、国民の健康問題について何も考えていない厚生労働省が、その考え方を改めて、広く日本全国の医療機関や各地域の保健所そして、メダボ検診で有名な健康保険組合などに、メダボ検診や癌検診のように広く啓蒙活動すればよいと思う。

◆ その結果私たち国民は、タバコによる肺癌リスクの大きさを自覚して、それが内部被曝の具体的事例ですと。このポロニウムによる内部被曝事例は医療機関に多数ありますということで、広報活動すれば、現在喫煙している人も、自分がポロニウムで毎日、内部被曝していると考えれば、内部被曝についての見解が大きく変化するだろうし、或いは厚生労働省の内部被曝の検体にされたと怒り出すかもしれません。

◆ いずれにしても、このような情報は、広く身近な医師や看護師などに伝えて彼らが、少しでも厚生労働省のマインドコントロールから解放されて内部被曝問題について、関心を持ってもらうきっかけとなる貴重な情報であると思います。もし記事を読んだ人がいましたら、かかりつけ医や看護師さんに見せて、このタバコ問題を通して内部被曝問題に気付いてもらいましょう。

◆ さらに突発的意見ですが、日本の医療機関が大学病院でも総合病院でもよいですから、『ポロニウムの測定技術』を導入してば、肺癌の病理検査をしてそれから、その検体のポロニウムの放射性測定をすれば、肺癌とポロニウムの疫学的証明が簡単に証明可能ではないのだろうかと、私は簡単に思ってしまうのです。何故なら、内部被曝(疑)の検体の検体が無数に存在しているからです。

◆ ですから、肺癌になって病院を受診して、先生から手術しましょうと言われて、その時に病理検査といっしょに、ポロニウム測定もお願いしますと先生へ言えるような体制を整えていただき、外注して、専門検査機関で調べるようにすればよいのだと思うのです。

◆ そしてこのようなことを、私たち国民全体に広報活動すれば、病院で検査機器を大変高額で導入しても、患者さんはみんな検査してほしいと思うだろうし、そのような人が多ければ、検査料もたとえ自費扱いでも支払うと思います。それは、テレビの禁煙コマーシャルを見ても、禁煙を病院の医師に相談する時代だから、患者が先生に、ついでに『ポロニウムを測定してください』と述べる人がでてもおかしくないと思いますし、それは反対に深刻な問題となると思います。

◆ このように考えるとポロニウム測定健診は、IAEA管轄の厚生労働省にとっては、マイナス要因であるけれど、医療機関の経営にとっては大きな収入となる健診事業であると思えてならないのです。もちろんそれは、原発擁護の日本の社会体制に反することです。

◆ しかし、国民の健康問題を深く考えると国や政府は、どうして私たち国民の健康問題を弾圧するのかと、かえって疑問を持つ人々が日本中に増加して、厚生労働省が針のむしろになるのではないでしょうか。というより厚労省の正体が国民にばれてしまう。そのようなことで、かかりつけ医や看護師さん達に気付いてもらえればよいなと思います。恐らく驚くから、記憶されると思います。


◆ また『喫煙を通して、肺癌と内部被曝について考える。』このようなテーマで国立癌センターで公開シンポジウムを開けば、それはどれだけ日本にとって有益なことだろうか。ほとんどの地域の病院で対応困難な肺癌患者の人々が最後は国立癌センターに集まってくる。だからそこの癌センターの医師が、『タバコと放射性ポロニウム』の問題をうやむやにすることはできなくなると思うのです。ぜひ気付いた反体制的なお医者さんにやってもらいたい。

◆ そして喫煙とポロニウム問題について、国立がんセンターで公開シンポジウムを行えば反応の是非がどうであれ、それなりに肺癌と内部被曝問題の情報の反響が起きるのではないだろうか。そしてこの国の癌研究機関が、それを無視することは、日本国民にとってもためにならないことだと思うのです。

◆ それは、私たち国民がタバコという身近なものを通して、内部被曝問題を考える上で、だれでも理解できる具体的事例なのですから。そしてそれは身近な医師や看護師さん達が密かに厚生労働省のマインドコントロールから醒めるきっかけとなるのです。

◆ 特にこの『タバコと放射性ポロニウム』の問題は、日本赤十字社やキリスト教系医療団体の人々に、この問題を広く伝えてほしいと思います。また一般のカトリック・プロテスタント教会の区別に関わらず、キリスト教系の医療関係者の人々がこの『内部被曝と放射性ポロニウム』の問題について関心を持ってゆくことが大変重要に思えます。何故なら、これらの人々のほうが、新約聖書の黙示録の影響あって、問題意識が深いと思うからです。

◆ 特に日本赤十字社の人々がこの問題に関心を持ってほしいと思います。日本国内では、医療機関はIAEAの支配下にあるようなものです。それはあの肥田先生の講演を聞いていても、戦後の原爆投下後の日本の被曝治療の歴史がそうなのですから。そのようなことで、キリスト教系の医療団体の人々に五井野正博士の『タバコと放射性ポロニウム』の寄稿文に書かれた内容について、関心をもってほしいと願っています。

◆ またこのような状況下にありながら、五井野正博士の医学的科学的成果を日本社会に還元することを、すべて潰してきた日本の巨大宗教団体は、国民の健康を守ることよりも、その宗教組織を利用して、金力・権力をているので求めている姿が、このごろはっはりと浮き彫りにされてきたように思います。

◆ この人達は、日本国民の生命を滅することを目的にして活動をしているように見えてきてしまう。そしてそれがどんどんはっきりしてい来ているのです。このような狂った団体に比べれば、国内のキリスト教系団体のほうが、医療や福祉の問題を通して日本国民のことを考えていると思います。

◆ こんな状態なのに、まだネットの世界でも無用な書き込みをしているんだと、日本の社会にはこんな人達がいるんだと。内部被曝問題は、日本国民全体が時間の経過の中で影響を受けてしまう。ここには差別がない。だからその人達も、正気に戻って内部被曝問題について考えるべきであると思います。

追記

 とにかく、大切なことは、肺がんの検体は、国立がんセンターだけではなく、全国の医療機関に無数に存在しているのだから、国や厚生労働省や公的機関は、基本的には大ウソを国民につくということがこれまでの慣行となっているので、できるだけ多くの医療機関や大学病院そして資金的に豊かな処があるのなら、ポロニウム測定の機器を購入して、肺がんの検体に含まれるポロニウムを測定することによって、疫学的な相関関係を調べることであると思う。何故ならこの国の政府は、内部被曝を認めないし、アメリカの核戦略のために、国民の生命を平気で見捨てる政府であるから。肥田先生の話を聞けばよくわかるし、それがこの国の政府の素顔の実体なのだと思います。

 また私たち一般国民や患者団体も、公的機関ほど嘘をつくと言う体質があるということをいつも深く思って、セカンドオピニオンのごとく、ポロニウムの検査を複数の検査機関に依頼できるような体制を健保組合に希望してみることである。検体は無数に存在しているのだから、病理検査を行う時にいっしょにポロニウム測定ができるように検査システムを作り、国立がんセンターだけではなく、多くの医療機関で外注できるようにポロニウム測定機を様々な機関に入れることによって、公的機関が嘘がつけないように監視する民間の体制も必要になってくると思います。

 そのようなことで、先ずは多くの人々が、タバコの内部被曝(疑)をはっきりさせるためにも、とにかくポロニウム検査を行ってゆくことを進めるためにも、多くの日本国民が、ダバコとポロニウムの関係の問題に関心を持ってもらうためにも、健康保険組合や国民保険課が、この問題を禁煙広告の時にいっしょに啓蒙するべきであり、このたばこと肺がんのポロニウムの相関関係を、機器を使って現実的に検査測定してデータを取ることが必要であると思われてなりません。つまり、内部被曝の具体的事例が身近な喫煙を通して、多くの医療機関で検査することによって簡単に証明されてしまう可能性を秘めているかもしれません。

日本禁煙学会緊急声明 2011/10/17
http://www.nosmoke55.jp/action/1110polonium_proclaim.pdf

たばこ煙中の放射性物質ポロニウムについて
http://www.jascs.jp/kinen_kagaku/2012/2012-09/kinen-kagaku2012-09-P1.pdf

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

哲学・思想 ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR