五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

五井野正博士『ザ・フナイ8月号』を読んで思ったこと。        内部被曝疾患と深く関係する日本の巨大宗教団体創価学会  原発事故問題と巨大宗教団体は、シンクロしている。

j5qVxP3LD74AW2h.jpg

dNG1jDICEi6izS5.jpg
pict_20120724194237.jpg

( 内部被曝疾患で心臓の刺激伝道系がやられることも、偶然ではなく心の毒の身体化現象かもしれない。人間の心臓の刺激伝導系は、銀河の中心から来るパルス信号を受けて鼓動していると言う。原発事故の放射能による内部被曝は、宇宙から人間の心臓に届くパルス信号の受信機能に大きな障害を起こしてしまうのである。その意味で、内部被曝による心臓疾患が出現するということは、心の毒という問題を意味していると言えるのかもしれない。心臓の鼓動には、現代の医学では解明されないより深い宇宙との繋がりが隠されているのかもしれない・・・・)
 
◆ つい最近になってやっと気付いて来たことは、この日本の巨大宗教団体・創価学会と原発事故による内部被曝疾患の治療の問題が実は、とてつもなく深い因果関係にあるということだった。

◆ 多くの反原発運動をしている人々や内部被曝について問題意識を持っている人々は多いにしても、この内部被曝の根本的問題とは、実はこの巨大宗教団体・創価学会が深く関わりがあるということに、まだ 気づけていないのである。原発事故による内部被曝問題とこの宗教団体は、深くシンクロしていて、フナイの8月号の五井野正博士の記事を読むと心に毒が入るとその毒は、身の毒より直しがたいと述べられていた。

◆ つまり日本人が内部被曝で大きな影響を受けてしまう原因とは、そのようなことから始まっているようだ。だからこの宗教団体の問題とは、結論から言えば日本人の命の寿命に関わる大問題であり、原発事故問題に大きな問題意識を持っている人々は、同時にこの巨大宗教団体が内部被曝の根本の原因であると気付く必要性があるのだと思えてならない。

◆ 内部被曝問題とこの宗教団体は大きく繋がっている。それは共に生命にとって有害なプルトニウムのように『猛毒』であるということである。日本人は創価学会という悪の内部被曝によって命を奪われてしまうのである。本当は、この内部被曝の問題に対しても解決方法がすでに示されているのに、その真実を日本の社会の中に流れることを止めてしまったのが創価学会であり、創価学会とは、核の時代に生きる地球の生命全体、そして人類全体を不幸に陥れる悪の本体なのである。創価学会の幹部達こそ諸悪の根源であり、内部被曝の原因である。

よかったら押してね!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ

哲学・思想 ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR