五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

五井野正博士『ジャポニスムとは、日本主義である。』               ファン・ゴッホは、ナザレのイエスのやり残した問題を解決するために金星から地球に転生してきた天界人。

YAq6YwbFYJz09kq_20121030184405_20140714085014268_2015022312001183d.jpg
GFSaTiIKfbZU0lE.jpg
BKqMPmIviXx4JSN.jpg
czrjjgF_24UGnAF.jpg

( それぞれのゴッホの描いた絵画の中には、金星が描かれている。)

◆ 今から二年前に茨城県つくば市にある『つくばエキスポセンター』のプラネタリウムで『ヴァン・ゴッホの宇宙』ということで、プラネタリウム講演会があり、プラネタリウムの天空の星空の中で映画『ゴッホが描いた星空(リンク参照)』が上映されました。私はこのプラネタリウムでのゴッホの映画の上映に、痛く入り込んでしまい、二回ほど通った記憶があります。それはプラネタリウムの中、ゴッホの描いた作品の鑑賞を行い、ゴッホとゴッホが描いた星空や宇宙について印象派と天文学の分野が相互に結びつける企画などあまりないと思ったからです。



( つくばエキスポセンター』のプラネタリウムで『ヴァン・ゴッホの宇宙』 )

◆ 多くのゴッホ・ファンの人々は、印象派の画家達の中で、ゴッホのみが数多くの天空の星空や宇宙を描いていて、印象派と天文学が興味深く結びついている画家は、ゴッホ以外にはいないと認識しています。またそれは天文学の分野に限らないで、それは占星術やホロスコープの領域とも深く関係しているのです。それはHPを検索してゆくと多くの人々がこの領域に関心を持っていることがわかります。

◆ 私は相当以前に、長崎にある『ハウステンボス』に遊びに行った時にも、その中にゴッホと天文学や占星術を深く結びつけている企画を天星館で行っていたような気がします。私はそこでゴッホの自画像が描かれている絵皿を買ってきました。ゴッホの星空と天文学や占星術との繋がりについては、やはり関心のある人が多く、今回の筑波エキスポも多くの人々が訪れていていました。

◆ また、私がこのつくばエキスポを訪れたもう一つの理由は、実は『2010年3月号のザ・フナイ』の中で、五井野正博士が、ヴィセント・ファン・ゴッホがナザレのイエスが金星から地球に転生してきたように、ナザレのイエスの残した課題を解決するために、同じ金星から地球に降りてきた人であるというようなニュアンスで指摘されていたからなのです。それは㌻135の『ゴッホの向日葵について』の項目の始めにの処に次のように記述されています。

◆ 『このような事実を前提にすると「ゴッホ」という人の姿が見えてくるであろう。ゴッホは地球上では画家であるが真の牧師でもあった。彼はナザレのキリストの後を受け継いで、それらのカルマの精算のために降りて来た。彼は、形骸化された教会を捨て聖書主義になるが、後に浮世絵と出会い南仏アルル(ゴッホにとっては日本)に移住し、仏教僧の想いで絵を描き続ける。つまり、金星以上の宇宙の世界では言葉よりも絵でのメッセージの方が重要なのである。そのことはオムネクの本を読んでゆく内に分かってくると思う。・・・・㌻136・・・ゴッホの向日葵も金星からのメッセージと理解できる。

◆ 私はこの文章を読んで、今までゴッホは単なる後期印象派の画家であり、19世紀のキリスト教倫理社会での預言者あると思っていましたが、実はそうではなくゴッホの中には、もっと深いものがあるのだと思うようになりました。それはあのナザレのイエスが金星から地球に転生してきたように、ゴッホもナザレのイエスのように金星から転生してきた天界人なのだと思うようになったからです。それもナザレのイエスのやり残した課題の精算のために降りてきた人であると博士のこの文章の中には述べられているのです。

◆ そのようなことがわかってから、ゴッホにとって『金星』は、やはり特別な星なのだと思うようになりました。そしてこれまで何気なく観ていたゴッホの描く夜の星空の世界に対して注意を払うようになったのです。そしてゴッホと金星の関係性について述べている人がいないかどうか探すことになりました。調べてゆくうちにゴッホ・ファンの人々は、以前からゴッホと金星については何か関係があって、ゴッホが金星を自分の絵画の中に描き込んでいることに気付いていました。私はそれまで関心がなかったので、そのことに気付くのか遅すぎました。

◆ たとえば、上段の『糸杉と星のみえる道』の絵では、糸杉の左側に光り輝く星は、金星のようです。次に中段の『夜の白い家』では、絵の右上に光り輝く星が金星であり、下段の『星月夜』では、左側にある糸杉の右上の光り輝く星が金星のようなのです。ゴッホの星空の中に金星を描いている。もしかしたら、ゴッホは、金星に動かされていたのかもしれない。或いは占星術やホロスコープを学んでいる人であれば、ゴッホの夜の星座の関係について様々な角度から意見を述べることができるかもしれません。

◆ 私は、これまでゴッホの星空や金星などの問題については、あまり深い繋がりを考えることがありませんでした。しかし、ゴッホが、ナザレのイエスと同じように金星からの使者であり、ゴッホとナザレのイエスが深い繋がりがあるということであれば、私たちは、19世紀の印象派のゴッホを通して、ナザレのイエスの姿を観ることもできるのではないでしょうか。ゴッホとナザレのイエスは繋がっていたのです。

よかったら押してね!
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

哲学・思想 ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR