五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

五井野正博士『週間文春7月5日』GOP記事を読んで②

rTjNKuMYlPGaxO1.jpg

◆ そのように考えると、五井野正博士の複合漢方薬が西洋の臨床試験で認可されたと言うことは、少なくとも現在の中国や台湾などの東洋医学圏の国々の漢方研究者には大きな影響を与えてゆくと思われれるのです。

◆ それでは私たちの住む日本の社会ではどうなのかと言うと、日本人は、まだこのような東洋医学の価値に気付いていないのかもしれません。現在の癌治療の主流は、抗癌剤や放射線療法そして手術によるものであり、病院の中では、積極的治療と言うことで、治療方法をその病状に応じて選択してゆくことになると思います。しかし、現実には、これらの積極的治療を行っても、治癒しない人々も多く存在して、癌難民の問題が発生しているのです。

◆ そしてその中で多くの人々がこれまでの経過より、西洋医学のあり方に限界があるということに少しずつ気付いてきています。また今後、内部被曝問題が発生した時には、再びこの癌難民の問題が顕在化されてきます。

◆ そのようなことで、言葉で批判する人は簡単なことですが、現実にこの問題を批判する人々はいったい具体的にこのような癌難民の問題に対してどのような解決策を提示できるのでしょうか。その人々は、何か具体的に自分で研究されてご自分で発表されて、自分であればこのように解決するということを人々に提示できるのでしょうか。

◆ 癌や白血病そしてこれから起きてくる内部被曝疾患に対して、その人々は個人として解決方法をおおやけに示すことができるのでしょうか。個人として科学的医学的解決方法を示すことができれば、その自らの解決方法を示すべきであると思います。

◆ 癌難民となってしまい苦しんでいる人々は多いと思います。個人として具体的に提示が必要と思います。つまり批判ではなく、現実的な解決方法を個人として示すことにあると思います。



よかったら押してね!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

哲学・思想 ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR