五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

五井野正博士『週間文春7月5日号』GOP記事を読んで。

rTjNKuMYlPGaxO1.jpg
 
◆ 今回、週間文春に掲載されている五井野正博士の記事を読んで驚いたことですが、ロシアのエリツィン大統領の心臓病の治療をされた方が博士であるということは、大変驚きました。『ザ・フナイ7月号』には、その処の経緯が少し書かれていて改めて驚きました。ロシア政府の大統領の側近の人々が、人体オーラを透視できる人々であると言う記述には驚かされました。

◆ 週刊誌の中では、どうしてエリツィン大統領やロシア政府の人々が五井野正博士に治療を依頼されたのか、その理由については、何も具体的にコメントされていませんでしたが、しかしザ・フナイに書かれている以上に、その理由が具体的に一つ一つ明らかにされてくるとそれによって別の領域のことも明らかにされて、全てが連動して繋がって明らかにされてくると思いました。

◆ つまり、ロシアでの具体的な政治的背景が明らかにされてくると、その背後にあるチェルノブイリ原発事故後の博士の医療社会運動の臨床医学的な真実が連動して明らかになってくるのです。だから一つの世界・領域から、反対にいろいろなことが見えてくるのかもしれません。

◆ また記事のコメントの中には、自然薬では、五井野正博士が始めてヨーロッパでの臨床試験を行ったと書かれていましたが、しかし確か東洋医学の漢方と言う自然薬の場合、その生薬を飲んで効果が顕れてくるまでに長期間かかるために、その生薬の効果を正確に評価することが困難となってくるために、化学合成された薬の効果を短期間で評価しようとする西洋式の臨床試験のやり方では、漢方はそのような西洋式評価基準に適さないので、通常漢方薬や自然薬は臨床試験は通らないと聞いたことがあります。

◆ しかし、博士の複合漢方薬の場合は、その効果が短期間に出て、数値としてその効果を評価判定することができた唯一の自然薬と言うことらしいです。それで具体的に特許庁のホームページで氏名検索してゆくとその臨床試験のデータが閲覧できたので驚きました。また、その自然薬の効果を裏付ける物理化学的理論が酸化還元電位と言う考え方らしいのです。

◆  ただ、私はこの【酸化還元電位】と言う概念については、詳しく理解していないのですが、もともと東洋医学や漢方の世界とは、陰陽五行の東洋思想・東洋哲学がその根幹にあって構成されているものであって、それは物理化学理論ではありませんから、その東洋思想をどのように物理化学的な理論を持って説明してゆくのかということについて、なかなか現代でもそのような説明を西洋の科学者達に理解できるように説明できる人はいないと思うのです。

◆ この説明をするためには、一つの領域だけを深く知っているだけではだめで、東洋思想と物理化学の双方の領域を深く認識していて、それを結びつける学際的なとらえ方ができないと西洋の医学者達に東洋思想を科学的に説明できないからです。

◆ たぶん、このような哲学・宗教の領域と物理化学の領域を結びつけるものが、現在の私たちの東洋社会では必要なものであって、もしこれが可能であれば、明治以前の東洋思想の世界を科学的に説明することが可能となり、日本人やアジア人の価値観が逆転すると思うのです。その意味で五井野正博士の理論医学が詳しく説明されて公開されるのであれば、東洋文化圏は大きな影響を受けると思います。

よかったら押してね!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

哲学・思想 ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR