fc2ブログ

五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

ファイザー元社員の証言・この遺伝子組み換えワクチンは、                                人類に対する冒涜であり、大きな罪である。

mn1cabv887jJE1H1638454607_1638454619.jpg
hnfhSahE8zzqcwR1638454822_1638454828.jpg
k4I6ENsS680UOy01638454864_1638454869.jpg
V3Yqk7URPiKPvBR1638455097_1638455104.jpg
D0Xd1XBnsex9E1C1638454938_1638454950.jpg
choPXGgwpz7MWLV1638454902_1638454908.jpg
V3Yqk7URPiKPvBR1638455097_1638455104.jpg
GQDAia7dev5CvaU1638455032_1638455044.jpg
U3BT2PdFsZ8LvFq1638455168_1638455182.jpg

遺伝子組み換えワクチン・人類に対する冒涜

 上記は、【泣いて生まれてきたけれど】さんブログに掲載されている【ファイザー元社員】の証言です。かなりこの遺伝子組み換えワクチンの本質について言及されています。特に、ほとんどの日本人が、このワクチンに対して疑問を持たないということは、人間としの感覚や感性が毒に犯されてしまい、すでに感覚や感性が狂っているということを指摘しているのです。感性・感覚が狂っているから、平気でこんなワクチンを打ってしまうということをなのです。つまり知識や知性の問題ではなく、人間としての感性の問題を指摘しているのです。

 さらにこのワクチンの本質とは、人間が人間としての姿や形を保てなくなるということを指摘しています。つまり人間でなくなってゆくということであり、人間性を失うということを述べているのです。具体的に言えば、人間の肉体を保てなくなるということです。そして人間が人間としての姿や形を保てなくなるという人間の本質に対する大きな冒涜と大きな罪を犯している遺伝子組み換えワクチンであるというのに、多くの日本人は、感覚や感性がすでにワクチンを打つ前から狂ってしまっているので、事の重大さに何も気づいていないとはっきりと述べているのです。

 これは本当の事実であるのです。それは医師も看護師も、多くの日本人の感性や感覚は正気の人間ではないということを意味しているのです。本当に今、恐ろしいことが、国家権力の力によってなされようとしているにも関わらず、なにもわかっていない。何もその本質に気づいていないということなのです。もう日本人は正気の感覚・感性を失っている。医師も看護師もすべて正気の人間ではないということです。そして遺伝子組み換えワクチンによって、人間としての姿・形を保持することすらできなくなってゆくのです。それは人間が人間性や人間の本質を失って崩壊してゆくことを意味します。

 人間が人間としての法器を失うということは、それは今の人間が、その法器を人間に与えた、神(天界))や)(仏界)との結縁を失うということであり、神・天界や仏界との結縁が外れたために、人間としての姿や形が取れなくなるということを意味しているのです。本当に重大なことが今起きているのに、日本人の多くのは、ことの深刻さと重大さに何一つ気づいていないということなのです。これはとてつもなく恐ろしいことです。ある意味神仏から見放されてしまっているから、人間としての姿と形を失ってゆくということを意味しているのです。そしてこれが人間の本質である宗教を否定した人々の最後の報いということを意味しているのかもしれません。


チャートで見る日本の接種状況 コロナワクチン


泣いて生まれてきたけれど - あたりまえを疑ってみるということ -コロナワクチン接種により癌の抑制機能が働かなくなり、急激に癌が成長して死亡!(実例多数あり)


テキサスコロナサミット 腫瘍内科医のRayPage博士 ワクチン接種後の癌患者に見られる気になる傾向について

原作・ナウシカの主義・主張と正反対の方向に向かう日本と世界                                                    私たちは遺伝子操作文明・アトランティスの道を選択している。②


BgjkVBSxqcGJU141634992323_1634992349_202112092344090a6.jpg

スチャリット・バクティー博士 

 ■ またスチャリット・バクディ博士は、本国ドイツのメルケル政権から陰謀論者のレッテルを貼られ、WHOの意向にも反するその論説はYouTubeでも削除され、言論封鎖により日本では書籍でしか確認することができない状況だそうです。(さかい動物病院院長ブログより引用 ) ■

Germany and EU ドイツとヨーロッパのワクチン悲劇

原作・ナウシカの主義・主張と正反対の方向に向かう日本と世界                                                    私たちは遺伝子操作文明・アトランティスの道を選択している。

原作・風の谷のナウシカと地中海渓谷文明                                                           核戦争後の放射線被ばくの世界に生きる                             私たち改造された人々の未来と運命

過去と現在・遺伝子改造された人と自然界の運命                                                                                                                                                    地球上の全ての種を支配コントロールする知性体                                                                                                                                       種の支配者に対する反抗としてのナウシカの核攻撃


 医学資料・循環器系の世界的な医学誌・Circulation 

COVIDワクチンが "殺人 "であることを医学的に証明する。ヴァーノン・コールマン - 2021年11月22日

Rumble — 医学雑誌「<循環器> Circulation」に掲載された論文についての動画に字幕を入れました。
この論文で、mRNAワクチンが内皮上の炎症と心筋へのT細胞浸潤を劇的に増加させ、ワクチン接種後の血栓症、心筋症、その他の血管イベントの
増加という観察結果を説明することができると結論づけました。
ヴァーノン・コールマン博士

gNlmR1YK38nucNM1638104160_1638104208.jpg

循環器系の世界的な医学誌・Circulation (December 6, 2021の論文)
Circulation

【循環器系の世界的な医学誌・Circulationに、新型コロナワクチン・mRNAワクチンが殺人を目的としたものであると掲載されたという。日本の循環器系の医師たちは、この論文に目を通して、今、日本の病院の中で、医師と看護師が殺人を行っているという事実に気づくと同時に、厚労省がその大量殺人を現場の医師と看護師にさせているナチスや731部隊と同じことを行っている大量殺人犯の本体であると気づくと同時に、厚労省の職員を大量殺人の犯罪者たちであると多くの日本人に知らせるべきである。】

  日本の医師たちの見解は、何でも因果関係不明であるという。しかし、アメリカの医師や研究者たちは違う。日本の医師の見解は、アメリカの医師たちの見解に比べて最悪であり、因果関係を精査しょうとしない大馬鹿者たちである。日本の医師の見解は、何でも因果関係不明。そうであるならば、海外の医師や研究者たちの見解を聞くべきだろうと思う。

  因果関係不明とは、科学者が述べることではない。因果関係を追求するのが科学者であろう。ワクチンは人間の手によって作られたものであり、人災であるのだ。そしてアメリカでは、医師たちがバイデン政権の弾圧と戦っている。このワクチンの危険性について、医師たちが、アメリカ国民に広く啓蒙しているために、アメリカでは接種率が上がらないのである。

 つまり、アメリカには良心と人間性のある医師たちがまだ多数存在している。日本には、そんな医師は皆無である。みんな731部隊の厚労省のロボットにすぎない。日本国民が絶滅してゆくとしたら、その大きな原因は、日本の医師たちに、良心と人間性がなかったからである。そして知性もなかったということである。科学的知性のある医師は、けして因果関係不明とは言わない。日本の医師は科学者ではなく、職人である。


世界規模の接種キャンペーンがすぐに止めないと、世界は大規模な死亡を経験する





同志はいます

ひとまず最終版です(リンクあり)

パワハラはイカンよ

接種医がまず診察しろ、という通知

【記者会見】ワクチンパスポート及びワクチン強制接種への法改正に断固反対する嘆願書
-後半-【新型コロナワクチンに警鐘を鳴らす医師と議員の会】 9/18(土)記者会見
-前半-【新型コロナワクチンに警鐘を鳴らす医師と議員の会】 9/18(土)記者会見

■ 今回、北海道で医師の人々が、遺伝子組み換えワクチンに対して、中止を求める運動を起こされたようです。日本国内には、多くの医師が存在しているのに、本当に僅かな医師の人たちが、この問題を対して、厚労省に対してプロテクトされたということです。このことは、たとえ僅かな医師の人々であったとしても、日本にもまともな医師の人々が存在していたのです。

■ アメリカやドイツでは、医師のみならず、様々な研究者たちが声をあげています。そして医師が声を上げることによって、国民に対して啓蒙運動が広がり、それがワクチン絶対主義による人口削減計画に対する歯止めとなってきたのです。特に医学的な問題が関わりを持つゆえに、医師が立ち上がらなければ、抑止することはできないのです。そして大切なことは、アメリカやドイツの医師たちと連携を持つということであると思います。何故ならこのワクチンを通してどこの国でも同じ問題が起きているからです。

■ 特に高度なレベルでの細菌・ウイルス学の専門家の人々との連携は重要なことであると思います。この遺伝子組み換えワクチンの危険性を科学的に証明して、製薬会社のエビデンスを崩壊させるだけの証拠とデータを示す必要があると思うです。そしてその正論を他の日本の医師たちに広めてゆくことであると思います。医師たちが目覚めなければ、先に進むことができないのです。

■ 多くの日本人は、戦前の意識のままであり、お上信仰で生きています。ですから、戦前の意識ではなく、人間としての意識を持つ医師が多数生まれてこないと、その医師の判断で動く、看護師やパラメディカルのスタッフたち、そして特養や老健の介護職の人間たちも、真実を基ずいた行動が取れずに、現在の厚労省・731部隊の手下となってしまうのです。

■ 今、多数の医師の意識の変化が起きてこなければ、日本及び日本人は、戦前の意識のままに、一億玉砕の方向に進んでゆくと思います。厚労省の目的とは、日本人の全滅であると思います。日本国民が厚労省・731部隊に殺されてゆくのです。それも子供から高齢者の前世代にわたって、薬殺されてゆくのです。





厚生労働省ついに開き直り?それとも内部告発か。返答がサイコパスで戦慄(このブログの中に、厚労省に対してワクチンのことを質問して、厚労省からの解答があった時の、厚労省の担当者の対応について、その言葉使いについて述べられていますが、これを聞くと、本当に厚労省が731部隊であるということがよくわかります。一読してみてください。)

スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR