fc2ブログ

五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

ヨハネの黙示録では、ワクチン崇拝者とは、実はチップ崇拝者であり、彼らはワクチンの作用によって自分の自然免疫の機能が破壊され、そのために人体内に急激に進行癌という悪性の腫物が生じる。黙示録の警告は、すでに現実化している。


xAOw3SN5gCmdpIY1634980941_1634980949.jpg
6cOuigZxmvDWKXQ1634982314_1634982333.jpg


チャートで見る日本の接種状況 コロナワクチン


 ヨハネの黙示録16章1節~2節  

16:1また、私は、大きな声が聖所から出て、七人の御使いに言うのを聞いた。「行って、神の激しい怒りの七つの鉢を、地に向けてぶちまけよ。」

16:2そこで、第一の御使いが出て行き、鉢を地に向けてぶちまけた。すると、獣の刻印を受けている人々と、獣の像を拝む人々に、ひどい悪性のはれものができた。


ショッキングな動画です。 Cole Diagnostics社CEO/メディカルディレクターのライアン・コール医学博士の動画

泣いて生まれてきたけれど - あたりまえを疑ってみるということ -コロナワクチン接種により癌の抑制機能が働かなくなり、急激に癌が成長して死亡!(実例多数あり)

ワクチンと癌~やはりおかしなことが起きている
 
COVIDワクチンと癌の成長の加速バクディ教授が背景を説明:COVIDワクチン接種と癌の増殖促進

 上記は、新型コロナワクチン・遺伝子組み換えワクチンを接種した人たちに起きている進行癌の問題を取り上げています。通常であれば、新型コロナと進行癌は何の相関関係はないと思われますが、実は、この遺伝子組み換えワクチンは、人間の自然免疫のシステムを壊してしまう作用があると言われています。

 これはどのようなことかと言いますと、接種した人の身体では、自然免疫の力が失われてしまうのです。ですから、自然免疫が消えてゆくということは、通常の簡単な風邪や感染症でも重篤化してしまうということです。今イギリスでワクチン接種者の中で猛威を振るっているただの風邪も、実は接種者の自然免疫の力がなくなってきたために、簡単な風邪も重篤化してしまうのです。

 また免疫機能が失われてゆくと、様々な皮膚疾患が起きてきます。例えば高齢者であれば、免疫低下によって、様々な皮膚疾患が多発するようになり、帯状疱疹が起きやすくなるのです。そのような皮膚疾患が、老人施設の入所者の中で初めの兆候として多発してくるのですが、それがワクチンによる自然免疫の破壊によって、始めに起きてくる兆候であり、施設の中で多発してくれば、施設の看護師は、大馬鹿者でない限り、何かが起き始めていることに気づくでしょう。

 しかし、そのような自然免疫の破壊は、何も高齢者だけの問題ではないのです。自然免疫がなくなるということは、身体内に発生した癌細胞と戦う自然免疫のシステムが失われるということを意味します。つまり自然免疫が遺伝子組み換えワクチンによって破壊されてくるので、癌細胞の増殖を抑えることができなくなるのです。

 そしてその結果、信じられないスピードで増殖してゆく進行癌が、ワクチン接種者の中で起きてくるのです。このメカニズムについては、上記のブログの中でドイツの細菌・ウイルス学者のスチャリット・バクティー氏が詳しく説明しています。スチャリット・バクティー氏については、以前スパイクタンパク質の問題で掲載しましたが、この方がワクチンと進行癌の関係について説明しています。

BgjkVBSxqcGJU141634992323_1634992349.jpg

原作・ナウシカの主義・主張と正反対の方向に向かう日本と世界                                                    私たちは遺伝子操作文明・アトランティスの道を選択している。②

 さて、そのようなことで、この新型コロナワクチンには、以前より666のナノ・チップが入っていることは説明してきましたが、その666のナノ・チップを入れてしまった接種者は、同時にこの遺伝子組み換えワクチンによって、時間の経過とともに自らの、生まれながらに備わっている自然免疫を失ってしまうと同時に、自らの身体に発生した癌細胞と戦う力も失ってしまうということなのです。

 その結果、これはヨハネの黙示録の中に示されているように、666の獣の刻印であるナノ・チップを受け入れた人は、悪性の腫物である進行癌に犯されてゆくというシンクロ現象が自分の体の中に現実に起きてくるということを顕してしまったのです。すでに日本人は九千万人の人間がワクチンを接種して、ナノ・チップを自分の体に入れてしまっているのです。

■ そしてその人々は、もともと人間が生まれながらに持っている自然免疫を遺伝子組み換えワクチンを打つことを通して失ってゆくのです。もう自然体の素の人間ではなくなっているのですよ。そして遺伝子組み換えワクチンを打つということは、自然体の人間でなくなることを意味するのです。

 まず接種者に起きてくる初めの兆候は、時間経過とともに自然免疫が失われてくるので、自然免疫がなくなることによって、簡単な風邪や皮膚疾患にかかり易くなるということが始めの兆候として表れてくるかもしれません。すでにブログの中では様々な事例報告がなされています。

 この自然免疫の低下と消失は、医師や看護師の身体の中にも症状として現わされてきますから、例外はないのです。最悪は進行癌です。しかし、医師や看護師は、なぜ自分の体にそのようなことが起きてくるのか、まったくわからないことでしょう。そしてまた遺伝子組み換えワクチンを平気で打つと思います。

 私たちは、実は医療関係者とは、遺伝子組み換えワクチンに対しては、無知で盲目であることに気づく必要性があります。厚労省に洗脳されている人間は、もう無理であり、遺伝子組み換えワクチンをどんどん自分の意志で打って自滅する道しかないのです。恐らく、医師や看護師は、世間で何が起きているのか、まっからたく理解できないでしょう。何故なら新型コロナ・遺伝子組み換えワクチンを神と考えているからです。

 しかし、本当の真実は、666であり、医師や看護師とは、666を神と受け止めている人間と、今の時点では、そのように解釈しても問題はないでしょう。だから彼らの自然免疫がワクチンによって消失する時期に、彼らの身体には、進行癌が発生してくるでしょう。黙示録で言うところの獣の刻印を信仰するものに対して報いです。悪性の腫物が遺伝子組み換えワクチンである666を信仰する医師と看護師に生まれてくるのです。

 恐らくこれからワクチンを医師や看護師がドンドン自分の意志で打って、遺伝子組み換えワクチン漬けになってゆくと、黙示録の警告が医師や看護師の身体に実相として顕わ手行くことでしょう。もうその頃には、自然の人間ではなくなっているのです。これは医師や看護師が、自然免疫の力を軽んじて、自らの医学知識を絶対として捉えるという傲慢さから起きてきた報いなのです。その傲慢さの報いが、最後は自らの自然免疫の消失を招き、最後は進行癌で自滅してゆくのです。

 恐らく現場の医師や看護師は、遺伝子組み換えワクチンを絶対神のように信じていますから、こんなことは想像もつかないことでしょう。だからこそ、今巷で何が起きているのか、知らなければならないのです。今起きていることは、国会議員もマスメディアも新聞や雑誌媒体も、すべて黙殺しているのです。テレビもです。巷で起きているどんでもない国家犯罪をだれもどりあげようとしない。すでに今の日本は、情報統制されているのです。

 だからこそ、ワクチンを打つのは、医師や看護師なのだから、巷で起きているとんでもないことに気づかなければならないのです。もう日本の社会では九千万人以上の日本人がこの遺伝子組み換えワクチンを打ってしまっているのですよ。その人たち一人一人の身体に、このようなことが起きてくる可能性があるということです。

 今後、これからの感染像は、ワクチンを接種した人が感染源となって、感染が拡大してゆく可能性があり、それに加えて自然免疫の消失によって、いろいろな疾患が多数の日本人に多数起きてくる可能性があり、そしてそれは社会の中に急激に病人と死人が増えてゆくことを意味します。

 もしワクチンを打ったとしても日本人の体質がそれを回避させてしまうかもしれないという希望も持ちたいのですが、今世間の巷で起きていることを考えると、今起きていることは、まだ事の始まりであって、本当の遺伝子組み換えワクチンによる国家犯罪による人災は、その本番はこれからであると思えるのです。そのようなことで、本当に医師や看護師の人々は、巷で何が起きているのか、気づく必要性があるのです。すでに私たちは、ヨハネの黙示録の世界に突入してしまったのです。



スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR