五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Archive [2014年07月 ] 記事一覧

信州の自然世界 40 夏の白樺湖・湖畔風景 ②

◆ 上記も白樺湖湖畔の夏の緑の木々の風景です。...

信州の自然世界 39  夏の白樺湖・湖畔風景

◆ 昨年、7月に五井野正博士の講演会のために白樺湖湖畔を訪れてから、1年が経過しました。今回、博士のライブ&講演を聞くために湖畔を訪れましたが、前回は冬季に訪れていたので、湖畔が雪で覆われていましたが、今回訪れてみて、やはり白樺湖は、雪がない時のほうが、本当に美しい湖畔の世界になるとしみじみと感じることになりました。...

THE LAST STATION・終着駅・トルストイ最後の旅             トルスト主義者についての一考察

( トルストイの夫人・ソフィアは悪妻とされているが、トルストイがロシア正教から破門された時に、抗議文を送っている。)◆ 今回、大正時代に『新しき村』の社会運動を始めた武者小路実篤や北海道で農地解放などの運動をした有島武郎などの白樺派の人々が心棒していたトルストイについての映画について調べましたら上記の『THE LAST STATION・終着駅・トルストイ最後の旅』という映画がありました。◆ この作品は、トルストイの最後...

信州の自然世界 38 青木湖・霧の湖畔景色

...

日本の不可思議な歌舞伎・民俗学の世界                               泉鏡花・夜叉ヶ池の龍神信仰

◆ 以下の文章は、ウィキペディア・夜叉ヶ池からの引用となりますが、昔、泉鏡花の『夜叉ヶ池』と言う映画(主演・歌舞伎役者の坂東玉三郎 )があり、大変印象深く記憶が残ったことがありまjす。また同じ泉鏡花の作品には『天守物語』があります。ともに日本の文化の古層の世界にある不思議な世界を描いており、深く記憶に残ったのです。そのようなことで断片的な映像となりますが掲載することにしました。◆ また掲載されている浮...

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR