五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Archive [2012年06月 ] 記事一覧

西洋医学の限界とガン難民の問題 日本人は、五井野正博士の理論医学・GOPにたどり着くことができるのか ? 

(上段は、日本赤十字社の記念切手、下段はローマ・カトリック教会の庇護にある聖ヨハネ騎士団のロゴマーク)◆ 私たちは、ガン治療の現状について、テレビや週刊誌などを読んで、以前に比べて治療技術が高くなって、以前に比べれば、よくなってきていると思うかもしれません。しかし、現実の巷で起きていることは、そのようなこととは、別の世界の問題が広がっていることに気付いていませんし、メディアもそのような影の部分につい...

週間文春7月5日号に、五井野正博士GOPの記事掲載あり    民主党末松義規元首相補佐官コメント

◆  今週7月5日号の週間文春の㌻157に『民主党 末松義規元首相補佐官が愛飲? ガンも治る万能薬。』と言うタイトルで、五井野正博士GOPのコメントと博士の簡単なコメント文が掲載されています。また博士と末松元首相補佐官のツーショットの写真も掲載されています。もしまだ知らない博士ファンの方、週間文春を急いで買って読みましょう。よかったら押してね!にほんブログ村哲学・思想 ブログランキングへFC2 Blog Ranking...

五井野正博士『ジャポニスムとは、日本主義である。』             東海道五十三次 袋井佐藤忠信・義経千本桜

◆  この三枚の浮世絵は、上段が源義経の側近家来の佐藤忠信、中段は源義経、そして下段は義経の愛人で白拍子の静御前である。そしてこの3人を結びつけるものが『初音の鼓』と言うことで、このお話は、義経千本桜の第4段に関わる人たちである。◆ 源義経は、後白河上皇より、兄源頼朝を撃てと、初音の鼓を直接渡され、鼓を打つことは頼朝を打つことであり、鼓を打たないことは朝敵となることであると示唆する。義経は、仕方なく...

五井野正博士『ジャポニスムとは、日本主義である。』             観音霊験記・西国第十五 新熊野山 

◆ 後白河院は、いつも頭痛に悩まされていた。熊野へ御幸になり祈願されたところ、権現のお告げに、「洛陽因幡堂の薬師如来は、天竺から伝来した尊像であるので、この像に祈りなさい」と言われた。◆ それゆえ、永暦二年二月二十二日、因幡堂に御参詣になり、お祈りされたところ、夢の中に貴僧が現れて、「後白河院の前世は、熊野の蓮花坊という者で、六十六部の経典を日本廻国して奉納した功徳によって天皇に生れた。しかし、前世...

五井野正博士『ジャポニスムとは、日本主義である。』             東海道五十三對 赤坂 宮路山の故事

◆  この右側の山水の岩に腰掛けて琵琶を持っている人物は、太政大臣・藤原師長である。彼は政変によって、この尾張国の宮路山と言う紅葉の名所の場所に流された。山中に入って一人琵琶を弾いていると、一人の美しい女性が、師長の前に現れて、師長の弾く琵琶の音に合わせて、歌を詠いだした。師長はその姿を見て奇異に感じて、その女性を鬼神の化身と思っていた。◆  するとその女性が話をするには、その女性は、この宮路山の山水...

五井野正博士の芸術講座を受講して、絵の世界の不思議。                      ゴッホは、広重の浮世絵の世界に自分自身を発見した。

( ヴィセント・ファン・ゴッホは、上記の広重の浮世絵と出会って、その中に描かれている人物の中に、自分自身を見出して、この浮世絵の世界に入ってしまい、そこから上段のゴッホ画による浮世絵を描いている。ゴッホは、一枚の浮世絵の中に自分自身の姿を発見して驚いたのである。これと同じような事柄が、浮世絵を縁起に一人一人に起きてくるかもしれません。)◆  一枚の浮世絵と出会って、人生観が変化してしまう。絵によって...

五井野正博士『ジャポニスムとは、日本主義である。』            菅原伝授手習鑑( 車引 )  藤原時平公と梅若丸及び松王丸

◆  この浮世絵は、歌舞伎の『車引』の一場面である。車引とは、学問の神様である菅原道真の太宰府物語と道真公死後の怨霊伝説を基に造られた歌舞伎である。◆  絵の中央の車の上に乗っている人物が右大臣・菅原道真公を見立てている菅丞相を九州の太宰府に左遷させた悪の張本人・左大臣・藤原時平公であり、その時平公に対して車の下から荒事の睨みを効かしているのが、管丞相に恩義を受けた百姓百太夫で、三人兄弟で、管丞相の車...

五井野正博士『ジャポニスムとは、日本主義である。』              江戸名所図絵 三浦屋高尾 永代橋と短冊・三浦屋高尾

この上下の浮世絵は、有名な吉原遊郭の花魁『三浦屋高尾』である。またその背景に永代橋が描かれている処から、この高尾太夫は、永代橋の上流で仙台藩主伊達綱宗に斬り殺された『仙台高尾』の姿を描いたものかもしれない。資料などによると仙台高尾は、島田重三郎と言う遊客の浪人と契りを結ぶ仲となったが、仙台藩主伊達綱宗の身請け話を断ったために、永代橋上流で斬り殺されてしまったとされている。そして切り落とされた高尾の...

どうしてWHOは、チェルノブイリ原発事故及び福島原発事故の内部被曝疾患問題に介入しないのか?

( ドキュメンタリー映画『真実はどこに? WHOとIAEA、放射能汚染を巡って』)(上記動画は、チェルノブイリ・ハートです。)◆ 上記の写真は、先日日本に来日されたミシェル・フェルネックス博士です。博士は、WHO(世界保健機関)のIAEA(国際原子力機関)からの独立を訴えている方です。日本国内では、数カ所で講演会があり、内部被曝疾患に関心がある私は、知人より紹介を受けて博士の講演会を聞くことになりました。◆ 私は、この講演会...

五井野正博士『ガン制圧の理論医学』について            漢方の陰陽論と物理学の酸化還元電位

◆ 五井野正博士の『ガン制圧の理論医学』水溶性多糖体によるシールド効果の説明と言う論文が、ウイッピータイムス社のホームページで掲載されて、私たちは理論医学についてその一部分について知ることができるようです。◆ そしてこのような臨床試験による成果は、製薬などの新薬の臨床試験をよく知る人に言わせれば、普通このような臨床試験による新しい薬の認可は、製薬会社が多額の資金を投入して長期間に渡って行う会社として...

五井野正博士『ジャポニスムは、日本主義である。』               東海道五十三對 白須賀 教恩寺 女谷の傳

◆  この浮世絵は、東海道五十三次の白須賀です。昔、この地方に女谷という場所が東橋本にあったそうです。そして建久元年に源頼朝公が上洛する時に、その橋本の長が旅館で頼朝公の接待のために、遊女達がその旅館に集まって来た。そしてその中の一人の遊女が頼朝公に愛されたと言う。そしてその後、頼朝公が亡くなった後に、その遊女は、出家して『妙相』と名乗って教恩寺を造ったとされています。◆ 個人的見解ですが、頼朝には...

五井野正博士『ジャポニスムとは、日本主義である。』             祇園祭礼信仰記 (雪舟の孫・雪姫 松永大膳 狩野直信)

 上記の三枚一組の歌舞伎絵は、祇園祭礼信仰記である。下段の女性は、水墨画の大家雪舟の孫、雪姫です。中段の男は、雪姫の父である狩野将監を殺して、その宝刀を奪った松永大膳。そして雪姫の婿である狩野直信を人質にして、雪舟の娘雪姫に龍の絵を描かせようとする。雪姫は、本物の龍を見ないと描けないと松永大膳に告げ、大膳に父を殺して奪い取った宝刀『倶利伽藍丸・くりからまる』の刀を抜かせる。何故なら、この倶利伽藍丸...

五井野正博士『奇跡を科学的に証明すること。』            ナザレのイエスの治療方法の問題点について

◆  私は以前、ナザレのイエスが現代の社会に生まれて、過去に行ってきた奇跡的な治療行為を行ったらどのようなことになるのかと言うことが書かれているイエス関係の本を読んで感銘を受けたことがあります。それはもし、イエスが現代社会の科学的証明や様々な医療制度を無視して、医療行為をこの社会の中で実践するのであれば、それは医師法や薬事法違反となってしまうという内容のものでした。◆ 私はこの文章を読んでなるほどな...

五井野正博士のチェルノブイリ原発事故後の東洋医学(理論医学・五井野プロシジャー)による医療社会活動を知って。

  上記は、日本赤十字社の記念切手です。私たちは、一般的な病院に対するイメージやシンボルを考えるときに、この『赤い十字』のシンボルと看護師さんの姿を思い浮かべるかもしれません。そしてこの医療の世界は、西洋ではキリスト教のナザレのイエスのあり方が大きな影響を与えています。特にホスピタルの歴史とキリスト教は深い繋がりがあります。それはもともとホスピタルとは、キリスト教徒の聖地への巡礼のために設けられた...

聖徳太子は四箇院を造った。                       四箇院とは、非田院、療病院、施薬院、敬田院などの施設

(上記は、日本銀行券に印刷されている聖徳太子の肖像画、聖徳太子は一説には、景教徒であったという説もあり、それはシルクロードを通して流れてきた東洋のキリスト教を意味しています。何故なら、景教徒たちは、移動した様々な地域で四箇院と同じように病院や社会福祉施設を作ってきたからです。上記絵図は、四天王寺関係サイトリンクより引用したものです。もちろん当時の療病院や施薬院は、石油から精製された新薬による西洋医...

どうしてWHO(世界保健機関)は、福島原発事故の健康被害調査に介入しないのか?

◆ この新聞記事は、東京新聞5月26日の朝刊に掲載された記事です。記事の主旨は、紙面左側に大きく書かれていますように、『WHO(世界保健機関)は独立性を回復せよ』と言う主張なのですが、それはどこから独立して本来の役割を果たせと言っているのかと言いますと、実は国際原子力機関・IAEAから独立せよと述べているのです。◆ 来日したミッシェル・フェルネックス博士は、スイス人の医師でスイスのバーゼル大学名誉教授で、WHO(...

内部被曝問題研究会には限界がある。

(上記は内部内部被曝研の記者会見の模様)◆ 先日、『市民と科学者の内部被曝問題研究会』主催による始めてのシンポジウムが都内の江東区で開催された。上記の書籍は、その研究会の主旨について書かれているものですが、現在の日本の放射線被曝に対する認識は、すぐには影響のないものとして、多くの日本人は内部被曝問題について危機感を持っていないのが現状です。◆ そのような中で、一般市民から専門の研究者を含めて、内部被曝...

五井野正博士『ジャポニスムは、日本主義である。』                  三浦屋揚巻と煙草屋源七 ( 俳優いろはたとへ )

◆ この花魁の浮世絵は、歌舞伎の『助六由縁江戸桜』に出てくる三浦屋揚巻である。歌舞伎の世界では、助六こと曽我五郎が、宝刀友切丸のと言う刀の探索をしている。友切丸と言う刀は、代々源氏の棟梁が持つ宝刀であり、それを持つことは、源氏の棟梁の証である刀なのです。◆ このような宝刀を探査する話は、祇園祭礼信仰記の龍神を示現させるクリカラ丸のような神秘的働きを持つ宝刀もあり、歌舞伎の世界では、宝刀は霊力を持つ美...

放射性セシウムが人体に与える医学的生物学的影響

◆ 上記の本は、私が個人的に内部被曝について、一番具体的に詳しく書かれている内容の本と言うことで、ご紹介させていただきたいと思います。◆ 私たちは、内部被曝疾患と言うと、二十年三十年後に、癌や白血病になるということで、ただちに影響はでないけれども、長期に渡っては影響が人体に顕れてくる疾患と捉えていますが、現実のチェルノブイリ原発事故後のベラルーシで起きている現実とは、そうではなく、特にこの本の中で指...

五井野正博士『ジャポニスムとは、日本主義である。』               煙草屋源七(歌舞伎・こもち姥)

◆ この煙草屋源七は、実は伊豆の足柄山の金太郎(坂田金時)の前世である坂田時行である。そして金太郎の母の山姥とは、坂田時行(煙草屋源七)の愛人であり妻であった荻野屋八重桐と言う遊郭の遊女を意味している。◆ 煙草屋源七とは、昔に遊郭で遊女の八重桐と契りを結んだ遊び人であり、郭遊びの事とか煙草の故事来歴についてよく話をする人であったが、親の敵の仇討ちのために、遊女八重桐の前から姿を消して行方知れずとなってい...

五井野正博士『ジャポニスムとは、日本主義である。』              大磯遊郭の遊女・虎御前

(上記、東海道五十三對の浮世絵も虎御前の物語のものである。虎御前は大磯の遊廓にいた。)◆ この浮世絵は、役者東海道の大磯の虎御前の浮世絵である。虎御前は、曽我物語の中で語られる曽我兄弟の兄の曽我十郎の愛人であった大磯の遊女である。この大磯にも昔遊郭があった。また虎御前の母親も遊女で名前を夜叉王と言う源氏名であった。虎御前は、この大磯地域の長者の元で、遊女となりその時に曽我十郎と出会い、十郎の死後は...

五井野正博士『ジャポニスムとは、日本主義である。』              島原・夕霧太夫

◆  上記は、島原遊郭の夕霧太夫である。手には大変豪華なキセルを持っているようです。夕霧と言う水上勉の京都を舞台とした『五番町夕霧楼』の映画を思い出す。確か主人公の松坂慶子役の娼婦の源氏名が『夕霧』と言う名前であった。そのようなことで、夕霧と言う源氏名の名前は、現在でも京都の人々の意識の中に脈々と刻印されている名前ではないのだろうか。◆ 夕霧は、その資料によるともともとは、現在の大阪にあたる浪華新町...

五井野正博士『ジャポニスムとは、日本主義である。』              遊君・地獄太夫

◆  上下段共に、この浮世絵は地獄太夫である。地獄太夫とは、室町時代に大阪の遊郭にいた遊女であり、彼女は山賊に誘拐されて遊郭に身を沈めた人であるが、このような悪業の世界に落ちてしまった。◆ しかし、太夫は前世の悪業と仏教に対する信仰心がなかったためであると懺悔をして、自ら地獄太夫と名乗り、着物の姿に描かれているように、閻魔大王の着物を着て、この世界の儚さを遊客たちに悟らせようとした。◆ そしてこのよう...

五井野正博士『ジャポニスムとは、日本主義である。』               八重垣姫 (本朝二十四孝)

◆ 中央の狐火の着物を着ている女性は、本朝二十四孝の八重垣姫である。この物語は、武田信玄と上杉謙信が『諏訪法性の兜』を巡って戦いとなっており、もともとこの兜は、武田信玄が夢中に諏訪明神より与えられた家宝でありこの家宝は、諏訪明神の使いである八百八匹の狐が守護しており、危機が訪れた時に、八百八匹の狐の神通力が顕れるということが伝えられている。◆  物語では八重垣姫の恋人に追っ手が向かっており、その時に...

札幌緊急特別講演会・五井野正の世界

◆  札幌でも五井野正博士の講演会が開催されるようです。こちらのパンフレットの説明分の中には、『七次元よりの使者』のレコードジャケットと『顕の法華三部経体系総論』の暁の富士山の本の表紙が平行して掲載されているので、この中にこのパンフレットの作者の思想が顕れているように思えます。◆  つまり、二つの画像は関係があるということを顕していて、もしかしたら、左側の若者の胸間にある蓮華は、アナハタ・チャクラで...

五井野正博士・秋田講演会

◆ 五井野正博士の講演会が秋田で開催されるようです。テーマは『これから起こりうる災害・現状と対策』です。私は、東日本地域に住んでいますので、東京大地震や富士山の噴火そして福島第4原子炉倒壊の問題は、本当に身近な問題であり、これは本当に東日本滅亡に繋がる大きな問題です。◆ 特に関東から東北地方は、アイヌと有縁な地域であると思われますので、私たちは滅亡してしまう瀬戸際にいるような状態にあるのかなと感じま...

五井野正博士『ジャポニスムとは、日本主義である。』                      アイヌ・浮世絵世界を滅ぼす慶応大学の福沢諭吉の脱亜論

( 私たち日本人は、慶応大学の創立者である福沢諭吉の【脱亜論】によって、江戸時代までの日本人としての土着的な感性の繋がりを切断されてしまっているのです。私たち明治以降の人間は、学校の教科書教育によって、過去の日本人的感性から分離分断されて、日本的な感性の流れを失ってしまっています。つまり、日本人としての魂の流れを切られているのです。そしてこれがユダヤ化された日本人ということを意味します。)◆  浮世絵...

五井野正博士『ジャポニスムとは、日本主義である。』                   大阪新町・夕霧太夫・伊左衛門(清書七伊呂波)

◆ ここで描かれている男女は、大阪新町の吉田屋遊郭の夕霧太夫と馴染み客である豪商の藤屋伊左衛門である。資料によると伊左衛門は、夕霧の馴染み客となり、通い詰めるために、銀七百貫の借銭を行い、最後は親から勘当されて、零落困窮の身分となり、夕霧の元に通うことができなくなったと言う。夕霧伊左衛門廓文章によると歌舞伎の世界では、その後、伊左衛門は親の勘当を許されて、夕霧は身請けされるお話となっている。 ( ...

五井野正博士『ジャポニスムとは、日本主義である。』               新吉原櫻の景色

よかったら押してね!にほんブログ村哲学・思想 ブログランキングへFC2 Blog Ranking...

五井野正博士『ジャポニスムとは、日本主義である。』           七綾太夫( 滝夜叉姫 )

◆  この浮世絵の七綾太夫は、実は平将門の娘である滝夜叉姫であり、姫は父将門の恨みを晴らすためには、遊郭の花魁などに身をやつして、将門の分身でもある『繋ぎ馬の旗』を探し求めている。◆ そして、敵方に近づくのであるが行灯の光りによって、七綾太夫の姿が障子に映し出されると、その障子には七人の影が映し出されてしまい、敵方は、七綾太夫が実は、将門の姫君である滝夜叉姫であると見抜かれてしまう。 ◆ 何故なら、将...

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR