五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Category [龍女成仏・日本主義 ] 記事一覧

知足自愛さんのブログより『白蓮華』の動画の映像です。            ヴィセント・ファン・ゴッホの湖水の花魁

知足自愛さんのブログからの映像です。とてもすばらしい映像なので掲載させていただきました。上記の絵画は、ヴィセント・ファン・ゴッホのジャポニスムの湖水の花魁 ( 法華経の龍女成仏 ) を顕わている絵のようです。先日、博士の講演会で話がありました。...

『花咲く梅の木』の浮世絵に隠された龍の衣を着る花魁       大黒屋錦木・江戸町一丁目

◆ 相当以前に、テレビ朝日の番組で『隠された浮世絵』と言うことで、ヴィセント・ファン・ゴッホの上記の浮世絵亀戸梅屋敷の『花咲く梅の木』と言うジャポニスムの絵の中に花魁の絵が隠されているということで番組が放送されていました。◆ それは、このゴッホが描いた上記の絵画の中に、『錦木』と言う花魁の源氏名の名前をゴッホが書き込んでいたことがわかり、その『錦木』(にしきぎ)と言う源氏名を持つ花魁は、下記の浮世絵を...

五井野正博士『ジャポニスムとは、日本主義である。』               アイヌの錦木伝説と花魁・大黒屋錦木

◆  この一枚の龍の着物を着る花魁の浮世絵は『大黒屋錦木』の絵です。以前にテレビ朝日の番組で印象派の画家ヴィンセント・ファン・ゴッホの『隠された浮世絵』と言うテーマで放送されていました。◆ それはゴッホの描いたジャポニスムの絵画の一枚である『花咲く梅の木』の絵の周りに描かれている『日本文字』が、この大黒屋錦木の文字です。そして五井野正博士は、この日本文字の謎を解明をされた方です。◆ 実は昨年、東藝術...

五井野正博士『ジャポニスムとは、日本主義である。』       ファン・ゴッホ『花魁』と『雑誌パリ・イリュストレ』

( 上 段は、ゴッホが描いたジャポニスムの絵画で湖水の龍女を顕している。蓮の上のかえるは隠語では『娼婦』を顕すと言う。また左側の二匹の鶴は、立っている姿から、立ちんぼ=娼婦を顕している。 また湖水に描かれた白蓮は、白い白蓮の教えと言う意味で『法華経』を顕しており、その意味でこのゴッホのジャポニスムの絵画は、法華経の龍女成仏を顕して、ヴァン・ゴッホが法華経を学んでいたと言われている。下段の浮世絵は、英...

五井野正博士『ジャポニスムとは、日本主義である。』               石森章太郎【 龍神沼 】の原点を考察する。

( 左側 英泉 雲龍打掛の花魁 右側 ヴィセント・ファン・ゴッホ 日本主義・花魁 )    ◆ 『龍神沼』とは、漫画家の石森章太郎氏が書かれた作品です。私は確か中学校の時に『漫画家入門』と言う石森先生の本を買って、その中に『龍神沼』という作品が掲載されていました。かなり短い短編の物語ですが、個人的にはかなり印象深く残った作品です。( 上記は、漫画家の石森章太郎原作の龍神沼の作品 石森章太郎は、東北出身の...

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR