五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Category [白樺湖 ] 記事一覧

信州の自然世界 50 白樺湖・白樺樹木群

◆ こちらも湖畔の少し上にある丘にある公園の中にある白樺の樹木群です。...

信州の自然世界 49  白樺湖畔・深緑色の白樺の樹木と                      ボタニカルアートと妖精の世界

◆ 上記は白樺湖畔の樹木です。少し霧雨のために曇って寒そうに見えます。そんな寒そうな湖畔で、紫爪草が冷たい露を被って咲いていました。しかし、雨上がりの時のほうが樹木が生き生きとして写し出せれる時もあり、太陽の光の下の、紫外線でくたびれてしまっている樹木よりも、雨上がりの水分を被った樹木の世界のほうが私はよいと思うのですが、水と植物の関係を写そうとする人はあまりいないような気がします。木火土金水の自...

信州の自然世界  48  夏季の白樺湖畔

◆ 先日しばらくぶりに白樺湖畔を訪れました。千五百メートルの高地ですが、やはり日差しは強かったような気がします。冬季はスキー場があるのですが、夏季は、自然遊行でしょうか・・・◆ 始め訪れた時は、湖畔で油絵を描いている人がいましたが、この頃は見かけなくなりました。ボーっと何もかも全て忘れて、絵をずっと描いてみたいといつも思うのですが、いつも来るときは同じことを思ってしまうようです。何故か今回は夏季のせ...

信州の自然世界 42 白樺高原樹木群・女神湖風景

◆ 白樺樹木群は、何度も掲載していますが、今回高原の牧場に馬がいました。前回は確か牛が放牧されていましたがとても気持ちが安らぐ風景でした。...

信州の自然世界 41 夏の白樺湖・湖畔風景 ③

◆ こちらもまた別の角度からの白樺湖・湖畔の風景です。...

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR