五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Category [ロシアのジャポニスム・惑星ソラリス(複合生命体を示唆する映画) ] 記事一覧

ロシア映画 『惑星ソラリス』                         人間の潜在意識が現象化する物語

( 上記映像は、you-tubeより閲覧できますが、ロシア語であっても、映像的にはソラリスの中では、とても神秘的なシーンを顕わしています。クリスとハリーが二人でいる場所は、実はソラリスの宇宙ステーションの中にある図書室なのです。宇宙ステーションの中に、木目調の部屋があるのです。そして地球の自然の雪景色の絵画が飾られています。このような情景は、アメリカのSF映画では見られない表現であり、ロシア人の宇宙感覚では...

惑星ソラリスの世界観の中に金星の花・ひまわりを描く

◆ さて、これまでのロシア映画『惑星ソラリス』の説明より、このソラリスの世界観の中に『ひまわり』を描くとは、どのようなことを言っているのか、その主旨がご理解いただけと思います。簡単に述べるならば、地球上の科学者や医師などの頭の中に入っている科学的態度、つまり自然や人間の生命を分解してバラバラにして調べてゆくという科学観を持っている地球上の科学者や医師などが他の惑星の天界に行くと、その惑星の世界やそ...

惑星ソラリスの世界観の中に金星の花・ひまわりを描く

◆ そのような意味でロシア映画である『惑星ソラリス』は、『想念が現象化する』『アストラル世界』と言う難しい4次元的世界を映画を通して理解してゆくことができると思います。そしてこのようなことを土台として次のようなことを考えてゆきたいと思います。◆ それは、もし私たち地球人が、惑星ソラリスのようなアストラル世界の中で生きていたら、時間の経過と共もに何か顕されてくるでしょうか。私たちが作り出す社会制度や金...

惑星ソラリスの世界観の中に金星の花・ひまわりを描く

◆ この惑星ソラリスの映画については、何回か講演会の中で、その時その時に応じて違った角度から、五井野正博士の説明がありました。私はその度に、以前からこの映画については、関心を持ち続けていたので、博士の説明の内容に衝撃を受けたのです。◆ そしてこの惑星ソラリスの映画を通して、『人間疎外』と言う現象の原因について言及された時は、大変驚いたのです。そして映画を通してこのようなことが、簡単に理解せさてゆく博...

惑星ソラリスの世界観の中に金星の花・ひまわりを描く

◆ それでは、その人間疎外の原因の世界とは、どこに隠されているのか、この原因的な問題を探るために、ソラリスの映画の世界を見てみると、それはクリスやソラリスステーション内の科学者を含めて、その原因が人間一人一人の潜在意識の世界の問題であって、意識化できない世界でわからないということなのです。◆ そのためにソラリスステーション内の科学者が『お客』の来訪に対してとった最後の行動は、その人にとって疎外された...

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR