五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Category [セザンヌ ] 記事一覧

五井野正博士『ジャポニスムとは、日本主義である。』                                               セザンヌの『サント・ウィクトワール山』の風景画を通して見る西欧キリスト教問題②

...

五井野正博士『ジャポニスムとは、日本主義である。』                                                                                                                                                         セザンヌの『サント・ウィクトワール山』の風景画を通して見る西欧キリスト教の問題①

( 上段1番上は、セザンヌの『サント・ヴィクトワール山とシャトー・ノワール』2段目もセザンヌの『サント・ヴィクトワール山』3・4番目が北斎・富岳三十六景 。日本では、山は信仰の対象で霊山であるが、西欧世界では、カトリック教会の影響で山は悪魔が住む魔物の世界となってしまう。このように宗教観によって、自然のとらえ方が違うため、セザンヌは、その中で、日本の北斎の影響を受けて、内心では古い西欧のカトリック世...

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR