五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Category [アダムスキー・オムネク・オネク ] 記事一覧

書籍紹介                                                      DVDから語りかける『金星人オムネク・オネク』                       地球を救う愛のメッセージ

◆ 先日、オムネク・オネクさんの書籍の中に上記書籍があることを思い返しました。実はこの書籍には、翻訳家の益子祐司さんによるDVD付いていて、とてもわかり易く翻訳・構成されて説明されています。具体的にオムネク・オネクさんが語りかけているDVDのようです。キャツチフレーズには『チャネリングや霊的通信とは違う、金星人であるオムネク本人が伝える、あなたの魂の育み方』と書かれています。 書籍カバーのキャツチフレー...

【自然や汎神論】について一考察。                                    書籍紹介・ハリー古山著【私が出会った宇宙人たち】より                         アメリカ・モンタナ・ワイオミング州の自然と土星の自然世界

◆ 今回は、まったくの個人的な書籍の紹介ということで、上記の【私が出会った宇宙人たち】ハリー古山著の本の紹介をしたいと思います。この本については、アダムスキーのことを古くから知っている方であればご存じのことと思われますが、すでに1970年代に【宇宙の友人たち】という書籍で、著者が70年代にUFOと宇宙人の研究のために単身アメリカに移住してそこで出会った、地球に来ている金星や土星の太陽系に住む人々と、現...

書籍紹介『アダムスキーの謎とUFOコンタクティー』益子祐司著

◆ 上記の『アダムスキーの謎とUFOコンタクティー』は、オムネク・オネクの翻訳者である益子祐司氏によって書かれた本ですが、実はこの本の中には、大変興味深い事が書かれているのです。それは、恐らくアダムスキーの謎と深く関係している事柄であると思われるのですが、それは『ロマ』という言葉の意味についての問いかけであるのです。以下の文章は、この『ロマ』という言語の起源を巡って、アダムスキーやヤムスキがこの『ロマ...

書籍紹介『金星人オムネクとの対話』                  オムネク・オネク著・益子祐司訳

(上記動画は、90年代のドイツでのインタビュー動画です。)◆ この本の翻訳者である益子祐司氏は、前書きの『はじめに』の冒頭で次のように述べられています。『 今、この本を手にとられているあなたは、オムネク・オネクという不思議な名前の女性のことを今回初めてお知りになったでしょうか。それともどこかで名前や簡単な話だけを見聞きしたことがあったでしょうか。あるいはすでに彼女の既刊本に目を通されているでしょうか...

書籍紹介『ラムー船長から人類への警告』                          太陽系大異変と驚くべき人類の未来・久保田寛斎著 

◆ 上記書籍にある推薦のことば(水島保男 月・惑星研究家)より『 本書に登場してくる「ジョージ・アダムスキー」は彼の最後の講演で、太陽系の変動と「地軸の傾斜」に対して警告を発していたが、本書で語られている太陽系の大変動が、徐々にその姿をはっきりと示しだしている。たとえば、1999月5月13日、太陽の活動が一時減退し、3日間、太陽から届くはずの「太陽風」が観測されなかった。太陽風が観測されなかった時期に...

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR