五井野正 博士ファン倶楽部  浮世絵と印象派を通して学ぶ自然世界

このサイトは、個人的非公認ファンサイトです。

Entries

◆緊急速報◆ 釈迦・天台・伝教・日蓮と受け継がれた己心の悟りを終に歴史の上に登場させた書◆五井野正博士『事の一念三千論』掲載される!

MKdukfNfSKrZMBs_1352084056.jpg
( 転載許可済 )

 現在、wippiiより、『釈迦・天台・伝教・日蓮と受け継がれた己心の悟りを終に歴史の上に登場させた書』である五井野正博士『事の一念三千論』が開示されています。

 wippiiコメント欄では、『五井野正博士が40年以上前に書いた論文「一念三千論」を掲載したウイッピー創刊号。五井野正博士が1973年2月に某宗教団体トップに提出し、1975年1月1日発行のウイッピー創刊号に掲載された伝説の論文です。』と説明されています。

 私たちは、すでに『法華三部経体系・総論』については認識をしていますが、この本は総論以前のウイッピー創刊号に掲載された伝説の本となっているようです。

 下記より終に開示された伝説の本を読むことができます。これは私たちがこれまで書店では手に入れることができなかったものであり、さらにはネットの世界でも開示されてこなかった、けして普通では手に入れることも、縁をすることもできない本のように思います。

 それはまるで『新七次元よりの使者』の中に記述されている古い本のような気がします。( 下記項目をクリックしていただくとWippii作成のページに入れます。)

五井野正博士『事の一念三千論』(Wippii・ウイッピー創刊号より)


スポンサーサイト
*CommentList

『一念三千論で解く宇宙生命の秘密』                                    ロシアやアルメニアで【日本の神】と呼ばれ・・・                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 『天才・五井野正博士だけが知っているこの世の重大な真実 』



◆ 知と科学と芸術の巨人・五井野正博士、ヒカルランドより上記書籍を刊行予定。書籍の詳しい内容については下記ヒカルランド・HPをごらんください。

ヒカルランド
http://www.hikaruland.co.jp/books
/2016/12/09141443.html




◆ 上記、知と科学と芸術の巨人・五井野正博士・新刊がヒカルランドより刊行予定。書籍の詳しい内容については下記ヒカルランド・HPをごらんください。
ヒカルランド
http://www.hikaruland.co.jp/books
/2016/10/30141247.html

◆ 緊急速報 ◆                              五井野正博士『七次元よりの使者・第0巻』連載開始

737VWeYAKKg3WYJ_1352079720.jpg
pRbt0FLZPzsJygE1515032769_1515032883.jpg

( 上記動画は1978年NHK『若い広場』で放送されたもの、テーマは『持続する心』  また、レコードジャケットは、八葉の心蓮華が描き込まれている七次元よりの使者のレコードジャケットです。)

◆ Wippiiより、五井野正博士の名著『七次元よりの使者・第0巻』の連載が開始されたようです。

◆ この連載は、随時0巻から一巻、二巻、三巻の連載が予定されているようで、これまで七次元よりの使者・0巻は、なかなか手に入れることができなくなっていた貴重な本のために読むことができなかった多くのファンの人々にとって、大変な朗報であると思います。

◆ そのようなことで、取りあえず、下記に掲載しましたので、より多くの人々に読んでいただき、これまで読むことができなかった人々のために、広めていただければと思います。

◆ 緊急速報 五井野正博士『七次元よりの使者・第0巻』の連載始まる。◆
         ( 下記をクリックしてください。閲覧できます。)

         五井野正博士『七次元よりの使者・第0巻』

◆ 現在下記まで公開されています。

          七次元よりの使者第0巻 第一章①
          七次元よりの使者第0巻 第一章②
          七次元よりの使者第0巻 第二章①


五井野正博士・情報 『五井野正オフィシャルサイト』HPより

hEbZReCVw58T2aB_1352082423.jpg


◆上記ロシア正教会の映像は、至聖三者聖セルギイ大修道院と聖ニコライ教会におけるアレクシー絵画贈呈式。至聖三者聖セルギイ大修道院は、ロシアにおける世界遺産として登録されている高名な寺院である。

◆ ロシア政教関係のHPより
http://www.bogoyavlenskoe.ru/news_details/news_details5019

KZfwyr44pgOez7I1514983543_1514983568.jpg

( 有名なアンドレイ・ルブリョフの上記
作品である三位一体のイコンはもとも
と、絵画贈呈式が行われた至聖三者
聖セルギイ大修道院に安置されていた。
現在は、トレチャコフ美術館 に安置され
ている。)
ロシア正政の真髄( 枯れてしまった
日本の木を再生する人の到来
)

◆五井野正博士についての情報について下記HPに詳しく掲載されています。
五井野正オフィシャルサイト
◆下記は、一般社団法人・人権擁護安全保障連盟のHPとなります。
一般社団法人・人権擁護安全保障連盟

書籍紹介・芸術倶楽部・『ゴッホが愛した浮世絵と歌川正国展』                                           ロシア・エルミタージュ美術館での                   永遠の仏陀の素朴な崇拝者の像


eRQp3B04Bxu8v7B1517726909_1517727067.jpg
Sx2iAvx1KbuDioB1517726744_1517726868.jpg


■ 参考資料 

Эрмитаж и Екатерина II /エルミタージュとエカテリーナ2世
https://www.youtube.com/watch?v=fkhSEKyahYI


fBVd6E6QMza4RD01517727114_1517727267.jpg
zo9HY4Le5XebvHM1352538625_1352538672_201802042108267e1.jpg
(  芸術倶楽部・藝術出版社 1995年8月5日発行 VOL10より )

■ 永遠の仏陀の素朴な崇拝者の像 ■

『 ゴーギャンへの返事に僕はこう書いた。肖像画の中で、自分の個性を引き伸ばすことが許されたとして、僕は、あの自画像に、僕自身を追求しただけではなく、印象主義者一般の像というものを表そうとした。僕は、この肖像画は、永遠の仏陀を素朴に崇拝する坊主の像だと考えたのだ。』
( ファン・ゴッホの手紙・みすず書房㌻306 1888年10月4日付 番号545 )

◆ ヴィセント・ファン・ゴッホの書簡の中には、上記のようなことが書かれています。私はゴッホがこのような言葉を述べているなんて、今まで全然知りませんでした。それは学校の美術の時間にも習いませんでした。またゴッホの心理を研究するような病跡学の中でも、ゴッホがこのような言葉を日記に書いてるということを指摘されていませんでした。そして美術評論家も白樺派の文学者たちも指摘してこなかったのです。

◆ 私が、このゴッホの書簡集のこの文章を始めて知ったのは、五井野正博士の個展や書物を通して、始めてゴッホがこのようなことを述べているということがわかったのです。そしてそれはだれもがゴッホの手紙や書簡を調べればわかることてあったであったのです。 私は、五井野博士から始めてゴッホの本当の姿を知らされてような気がします。

◆ そしてそれは驚きでした。何故なら、ゴッホは自分で仏教徒であり、永遠の仏陀の素朴な崇拝者であると告白しているのです。そしてその永遠の仏陀の素朴な崇拝者の肖像画が、アーリア人の国・ロシアのエルミタージュ美術館で開催されたということなのです。下記はゴッホの『 永遠の仏陀の素朴な崇拝者の自画像画 』です。


k5Dx5JpUodvc3aB1521606058_1521606156.jpg
s1NsXS0XyQitVL21521606187_1521606197.jpg

左サイドMenu

プロフィール

水と木の精霊の守り人

Author:水と木の精霊の守り人
 浮世絵の中に描かれている宗教・歴史・信仰・民俗学・古典などに深い関心があり、『精霊の守り人』のファンです。また、浮世絵の影響を受けたフランス印象派やジャポニスムに関心を持っています。
( Impressionnistesとは、正しい翻訳では、印象派と訳すのではなく、フランスの浮世絵師と訳すのが正しい翻訳であるそうです )
特に浮世絵の研究者でもあり、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士のファンの一人です。博士の講演の中で、ジャポニスムとは、日本趣味ではなく正しくは、~イズム(ism)とはその人の生き方・精神を顕わして日本趣味ではなく、日本主義と訳すのが正しい翻訳であるそうです。また内部被曝問題に関心があります。日本GAP・アダムスキーやオムネク・オネクに関心を持っています。

◆ このファンサイトの主旨
 
 このファンサイトは、ロシア国立芸術アカデミー名誉会員の五井野正博士の個人的・非公式非公認ファンサイトです。これまで博士の芸術論講座や講演会に筆者が参加して、個人的に主観的に思ったこと考えたことが書かれています。ですから客観的な公式・公認の情報ではありません。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR